Loading...Loading...

 もう長く所属している和歌山文化協会。2008年の文芸まつり(第50回記念文芸まつり)の講評(あきこ)を印刷した紙がでてきた。いま読んでみても、入賞句がなかなかいい。
…‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥……
 第50回記念文芸まつり
<川柳>にご応募くださった皆さんへ

 紙面の関係で入賞句の上位三句のみの感想にさせて頂きます。

和歌山市教育委員会賞 西和中一年 土居〇輔
  ほたるかなお父さんかな光っている
 切々と胸を打たれます。お父さんは亡くなられたのでしょうか。ほたるを見て、ふとお父さんかもしれないと思ったのですね。読む人の心に真っ直ぐに触れてくる、いい句です。

和歌山商工会議所会頭賞 西和中一年 萬﨑〇お
  暑い夏北京はもっと熱いかな
 今年の夏は猛暑でしたね。気温「暑い」と北京オリンピックの熱気の「熱い」。読みの同じ一字を変えることで巧みに表現できています。この句は時事川柳とも言えますね。

和歌山新報社賞 西和中一年 原山〇輔
  祖父の家いつも打たない囲碁を打つ
 おじいちゃんのお相手で囲碁を打っているのですね。祖父と作者との温かい交流。おじいちゃんの喜んでいる顔までが浮かんできそうです。

 ※和歌山文化協会協会賞の作者、作品は次の通りです。
 西和中一年 殿山〇子
  夏休みぐずぐずするとすぐ終わる
 西和中一年 西本〇菜
  お母さん電話出る時声変わる
 西和中一年 青沼〇太
  せみの声ぼくの目覚し時計だよ
 西和中一年 船岡〇吾
  燃料に使えないかな体脂肪
 西和中一年 畑内 〇
  夏休み夏の行だと母がいう
 西和中一年 森岡 〇
  セミよりも早起きしたぞ夏休み
 砂山小二年 尾崎〇芽
  まっ赤だなミニトマトさんてれてるね
 砂山小三年 奥野〇子
  どこにいるすがたをかくすさんたさん
 砂山小四年 中野〇梨
  どうしようしんがっきからけんかする
 上五、中七、下五の間を一字空けした句が多かったようです。原則として、川柳は一字空けせずに詰めて書いて下さい。あなたらしさの光る、新鮮な発想の句を来年も期待しています。

 〇先生方へ
  川柳は原則的に十七音字で詠むことは俳句と同じです。破調もかまいませんが、た
 だ、中七と下五を破調にすると据わりの悪い句になりますので、なるべく避けたほうが
 よいと思います。
  川柳で大切なのは人間を詠み込むことです。
   行間にはまるすぐには出られない
  ある川柳雑誌のジュニア柳壇特選句ですが、夢中になって読み込んでいる様子が手に
 とるようにわかりますね。
  来年の文芸まつりにもご参加を心よりお待ち申し上げております。
                     児童・生徒の部 川柳選者 たむらあきこ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 出席を予定していた先月の路郎忌句会、コロナの関係で取りやめた。下記の句はどこかほかの句会に出すことも考えていたが、備忘録的にブログに残しておくことに(あちこちにそんなことで忘れたままの句があるのね)...「⦅3080⦆7月8日の、川柳塔社(路郎忌)句会に出すつもりで詠んでいた句」の続きを読む
 あきこもなんどか経験のある、いくつかの宗教への勧誘。●●銀行の投資信託押し売りも酷かったが、両者に共通点はある。それは、しつこさ。いまもあちこちで同様のことが日々行われていることだろう。下記は、旧...「⦅3079⦆勧誘のマニュアル」の続きを読む
 天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)は、宮崎県は高千穂町にある神社。岩戸川を挟んで東本宮と西本宮があるのね。29日にここに行くことに。  天岩戸神社の神社名は西本宮が拝する天岩戸に由来。岩戸川対岸の断...「⦅3078⦆天岩戸神社 (あまのいわとじんじゃ) について」の続きを読む
 久しぶりの番傘川柳本社句会、5日は第58回水府忌。受付が18時半なので、電車の中、南海パーラーなど喫茶店二か所で句の推敲をしながら夕方になるのを待った(暑いので、午前中早めに出たのね)。どこでも冷房...「⦅3077⦆番傘川柳本社句会(水府忌)‥《逝ってしまったあなたの海が手に残る》」の続きを読む
 ブレスレット、ネックレスなど、使わなくなった18金のアクセサリーを4点、近くのフォルテワジマ1Fで買い取りをしているので、持ち込んだ。いくらで買ったものか、何十年も前のものでもう記憶にはないが、使っ...「⦅3076⦆18金のアクセサリー数点を売る」の続きを読む
しんぶん赤旗、「読者の文芸」川柳欄(7月26日(火)付) 核の傘よりも相合傘がいい  東京都 松澤  巖  〈評〉「相合傘」は、ふつう仲の良い男女ふたりで1本の傘を差すこと。世界各国がそのように、平和...「⦅3075⦆「読者の文芸」川柳欄(7月26日(火)付、たむらあきこ選)」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K