Loading...Loading...

 大気汚染によるタージ・マハルの損傷が問題化しているらしい。たしかにデリーに降り立ってからマスクを外せない。タージ・マハルに着いても、やはりマスクを着けたままの観光だった。排ガスによる直接的な汚れの他、酸性雨によって大理石が溶解する現象などが報告されているという。

 ヒンドゥー教徒は墓を持たず、遺体は火葬され遺骨や灰は川に流される。霊魂は永遠と考えるイスラーム教徒が持つ墓は簡素なものに過ぎない。ムガル王朝の皇帝は大きな霊廟を備えたが、これは専制君主の権勢を示す目的があった。権力を握っていたわけでもないただの王妃に対し壮大な墓廟が建設された例は、他にはほとんど無いらしい。

 タージ・マハル着工の頃、第5代皇帝シャー・ジャハーンはイスラーム教国家建設の取り掛かっていた。その中でタージ・マハルはイスラーム教徒の精神的中心として構想された。聖者信仰はイスラームにもヒンドゥーにも見られ、その墓所は霊力が宿るという考えはムガル王朝期のインドでは強かった。

 ムムターズ・マハルを聖者とみなす根底には、イスラーム社会が女性に夫への愛と子を生すことを求め、産褥による死は男性が聖戦で死す事と同義とみなす母性信仰があり、生涯で14人の子を産み36歳で死んだ彼女は殉教した聖者になるに充分だったと言える

 あまりの美しさに言葉がでないほど。上の写真は、ツアー仲間の女性たちと撮ったもの。この姿でタージ・マハル、さらに夫のシャー・ジャハーンが幽閉されたアグラ城内を歩いてきた。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 11時半頃和歌山ビッグ愛まで。館内で3題36句を推敲。13時前に12Fまで。寿子、克子、ほのか、小雪、徑子、冨美子、紀子、なる子、日出男、保州、准一、知香ほかみなさまとご挨拶。席題は「終わり」。 ‥...「川柳塔わかやま吟社12月句会(2017/12/9)‥《ともに生きた歩幅がきみを覚えている》(たむらあきこ)」の続きを読む
 ガンジス川(ガンガー)は、ヒンドゥー教徒にとっての「聖なる川」。インド北部、ヒマラヤ山脈の氷河を水源とし、ベンガル湾へと流れ出る。罪を洗い流し、身体と心を清める力を持つと信じられているらしい。  そ...「(12月6日早朝) ガンジス川に祈りを込めて供養の花を流す」の続きを読む
 少し休憩してから書いてまいります。 ...「インドから本日帰国‥貧富の差、空気の悪さに衝撃」の続きを読む
...「本日、関西国際空港からインド吟行へ。がんばってまいります。」の続きを読む
 昭和42年10月7日、三島由紀夫(当時42歳)がガンジス川沿いの街ベナレス(ワーラーナシー、バラナシとも)を訪れているらしい。  ベナレスは、火葬場 「ガート」が連なる弔いの町。インド政府に招かれて...「インドと三島由紀夫‥「インドには行くべき時期がある。その時期はインドが決める」」の続きを読む
 仏教の開祖は釈迦。釈迦はインドのシャカ族の王子で、名をゴータマ・シッダルタといったが、出家し、菩提樹の下でこの世の真理に目覚めた。  釈迦は弟子たちから”釈尊”、”...「インドのどこに惹かれるか‥仏陀 (※原始仏教) に会いにゆく旅・インド吟行」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K