Loading...Loading...

 放浪漂泊の自由律俳人・種田山頭火は、昭和15年10月11日「一草庵」にて逝去。
 当日一草庵の六畳の間で句会が開かれていた。山頭火は句会に参加せず隣の三畳の間で寝ており、心臓麻痺で亡くなったようだ。句会に参加した人たちは山頭火が酔って寝ているものと思い帰ったが、翌早朝高橋一洵さんが訪れ発見した。
 父の放蕩、10歳で母の衝撃的な自殺、家業の破産、家庭の崩壊と、生涯は少年期から穏やかなものではなかった。早稲田大学に進学するも神経衰弱で退学。再び上京一橋図書館に勤務するも関東大震災に遭遇し、熊本に帰郷。42歳の時に、熊本で泥酔し、市電を止める事件を起こす。これを機に曹洞宗報恩寺で参禅生活、出家得度し「耕畝(こうほ)」として仏の道を歩みはじめる。

 大正15年、一鉢一笠(いっぱついちりゅう)の行乞(ぎょうこつ)の旅に出る。その後俳句一筋の道を択び、放浪の旅に。気候風土がよく人情味深く尊敬する俳人野村朱燐洞が眠る松山を終焉の地と決め、その地に没した。享年58。
        分け入っても分け入っても青い山
        鉄鉢の中へも霰
        うしろすがたのしぐれてゆくか
        濁れる水のなかれつつ澄む
       
 写真(左)は俳句行脚に使われた鉄鉢(子規記念博物館所蔵)
 写真(右)は山頭火終焉の地。一草庵(昭和27年、改築)


続きはあとで



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 (世界遺産)川の参詣道・熊野川(+北山川)吟行15句(2017/9/5) 渡し舟わたしの中へ滑りだす 水流のそれから蛇行しはじめる ゆるやかにひとりを老いてゆく 舟 きのうを捲るたびに川幅狭くする ...「(世界遺産)川の参詣道・熊野川(+北山川)吟行15句(2017/9/5)、北山川観光筏下り5句(2017/9/6) (推敲中)」の続きを読む
 泉北高速鉄道で、栂・美木多駅着は11時前だったか。近くのレストラン(喫茶店?)でモーニング、推敲。6題98句。12時頃、会場の堺市立栂文化会館3Fまで。秀夫、久美子、たかこ、勝彦、愿、ふさゑ、りゅう...「第31回 堺市民芸術祭川柳大会‥《煽ってくる顎へは沈黙でかえす》」の続きを読む
 北出島のバス停で降りて徒歩5分、和歌山ビッグ愛まで。11時半頃着。館内でいつも通り推敲。3題43句。12時50分頃8Fまで。紀子、克子、寿子、冨美子、紀久子、小雪、ほのか、日出男、よしこ、徑子、知香...「川柳塔わかやま吟社9月句会‥《道づれの記憶が哀ばかりまとう》」の続きを読む
 JR和歌山駅10時5分発特急くろしおで新宮まで。13時46分発の明光バスで志古まで。ウォータージェット船と帰りの新宮までのバス代込み(4,000円)のチケットを購入。14時30分発。  15時20分...「(2017/9/5)熊野川吟行へ‥《湿りのとれぬまま黒石もわたくしも》」の続きを読む
   22時前、無事に帰ってまいりました。川柳マガジンの「前衛川柳」(吟行先に持っていったのね)の選後感想を先に仕上げてから書いてまいります。すこしお待ちください。m(__)m ...「おとなのみずあそび(北山川観光筏下り)」の続きを読む
 前田咲二先生のことを心配しておられるみなさまへ、下記が現在の先生の状況のささやかなご報告となればさいわいです。(現在3時50分) ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥  昨夜10時頃、一か月以上も電話がなくて...「前田先生からほぼ四十日ぶりのお電話」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K