Loading...Loading...

 種田 山頭火(たねだ さんとうか、1882年- 1940年)は、戦前日本の自由律俳句の俳人。「層雲」の荻原井泉水門下。山頭火は晩年の日記に「無駄に無駄を重ねたような一生だった、それに酒をたえず注いで、そこから句が生まれたような一生だった」と記している。
 1939年(昭和14年) 愛媛県松山市に移住し「一草庵」を結庵。1940年(昭和15年) 10月11日、脳溢血のため一草庵で生涯を閉じた。享年58。(Wikipedia)
  下記は山頭火の15句。

  • へうへうとして水を味ふ
  • 一羽来て啼かない鳥である
  • うしろすがたのしぐれてゆくか
  • どうしようもない私が歩いている
  • 音はしぐれか
  • 酔うてこほろぎと寝ていたよ
  • けふもいちにち風を歩いてきた
  • まつすぐな道でさみしい
  • ふるさとはあの山なみの雪のかがやく
  • すべつてころんで山がひつそり
  • 分け入つても分け入つても青い山
  • 鉄鉢の中へも霰
  • 生死(しょうじ)の中の雪ふりしきる
  • おちついて死ねそうな草萌ゆる
  • 濁れる水の流れつつ澄む
     23日は松山空港からバスで道後温泉に直行。温泉に入ってから、徒歩で一草庵まで。吟行。山頭火が参拝したであろう護国神社にも立ち寄る。そのまま徒歩でまっすぐ南へ、ロープウェイで松山城まで(冠雪の石鎚山を見たいのね)。大街道まで出て角のスターバックス(昨年も行ったのね)にて休憩。徒歩10分、ホテルまで。
     24日は句会場周辺に8時半ごろに直行。近くの喫茶店で句の推敲。伍健まつり川柳大会へ。
     25日は松山市駅近くの子規堂を訪ねてから、マツチカで進水先生のブログで見た喫茶店のホットケーキをいただく。JR松山駅近くの「喜助の湯」。(以上、予定)
    ‥🎶‥♪‥♬‥‥🎶‥♪‥♬‥‥🎶‥♪‥♬‥‥🎶‥♪‥♬‥


この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 大阪の温泉好きの柳友と、16日ふたたび徒歩10分、ビル地下の天然温泉源泉かけ流し「ふくろうの湯」まで。今月に入って二回目。「あの温泉、いいよ」と、かなり気に入っているらしい。今週あたり、温泉好きのご...「近所のビル地下の温泉「ふくろうの湯」」の続きを読む
第58回 伍健まつり川柳大会 日  時 平成30年2月24日(土)午前10時 場  所 愛媛県男女共同参画センター     (松山市山越町450番地)                  電話 089-...「【再掲】もうすぐ、第58回 伍健まつり川柳大会 (詳細)」の続きを読む
 法隆寺の大宝蔵にある国宝玉虫厨子。扉と須弥座の四面に釈迦の仏世界が絵物語風に描かれている。ここに「捨身飼虎図(しゃしんしこず)」がある。  昔インドの薩埵(さった)太子が馬で山野を駆けめぐっている...「(15日のブログの続き)究極の「捨」、捨身飼虎(しゃしんしこ)」の続きを読む
流木のあかるさ  捨ててきたらしい  慣れ親しんだモノや関係を捨てることはむずかしい。「断捨離」ということばがかつて注目されたことがある。モノや関係など、とくに必要でないものや多すぎるものを断ち、捨て...「【自句自解】流木のあかるさ 捨ててきたらしい」の続きを読む
 京阪神宮丸太町駅から徒歩でハートピア京都まで。途中「家庭食堂 おおきなかぶ」にて昼食(刺身定食、けっこうおいしいのね、ここ)。12時半頃着。8題16句を推敲しながら句箋に書き写す。すみれ、理恵、早苗...「川柳グループ草原2月記念句会‥《流木のあかるさ 捨ててきたらしい》」の続きを読む
 徒歩で和歌山商工会議所まで(バスに乗り遅れたのね)。12時40分頃(?)着。カバンに『特集号』を入れているので、重い。汗をかいて4Fまで。日出男、保州、寿子、小雪、ほのか、知香、夕胡、徑子、愿、克子...「川柳塔わかやま吟社2月(2018)(四賞表彰)句会‥《あやまればよかった身のうちに小雨》」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K