Loading...Loading...

2月28日(木) 関西国際空港(ピーチ)…✈…桃園国際空港 台北市泊
3月  1日(金) 台北市内吟行 台北市泊

 写真(上)は今回予約済みの 台北市2階建て観光バス,Taipei Sightseeing Bus(オープントップバス)。
・発車時間:レッドライン(紅線) 09:10
・発車場所:台北地下鉄(MRT)台北駅(台北車站) M4出口
・観光スポット:
レッドライン(紅線):西門町、龍山寺、中正紀念堂、永康街、大安森林公園、台北101、國父紀念館
 途中下車せず台北駅に戻り、つぎのブルーラインで同様に、まずは台北市内を大まかに見て回ることに。ネットで4時間チケット(電子チケット)を購入済み(967円)。ブルーラインでは、圓山飯店にて下車、吟行(吟行先は、しぼるのね)
ブルーライン(藍線):西門町、台北美術館、士林夜市、士林官邸、故宮博物院

 以下、乗車した方々のレビューから。
★☆台北市内の観光、ギリギリまで迷って前日に予約しましたが、申し込んで正解でした!二階のオープンスペースに座ったのですが、街並みがよく見渡せて楽しかったです。2箇所立ち寄りましたがストレスなく移動できました。大変おススメです🎶
★☆手軽にオンラインで購入、チケットもそのまま送ってもらえるので、本当に簡単です。丸一日は必要でなかったので、4時間というチケットもとても便利でした。
★☆まずは一周ずつ、そのあとに目的地に合わせて利用しました。 最初台北駅のバス停で待っているとガイドさんからチケットは持っているか確認されるのですが、事前に購入しているおかげでスムーズに乗ることができました。 少しですが安く購入できていたので嬉しかったです。 ※夕方以降の利用は渋滞に巻き込まれる可能性があるので注意が必要だと思います。

3月  2日(土) 故宮博物院吟行 台北市泊

 中華文化の真髄に触れるため、故宮博物院へ。知人のアドバイスで、ほぼ半日がかりで見て回ることに。北京の故宮博物院と南京の中央博物院の収蔵点数の総和を上回り、世界最大規模を誇るとか。ルーブル・エルミタージュと並ぶ世界トップクラスの博物館。中国の各皇帝が選び抜いた美術品は世界でも唯一無二。休憩しながら、じっくり鑑賞することに。

3月  3日(日) 台湾川柳会25周年記念句会・懇親会 台北市泊
3月  4日(月) 台北市内(北投温泉・瀧乃湯)吟行 桃園国際空港(ピーチ)…✈…関西国際空港



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 姉と岡公園茶室での市民茶会へ。少し離れたロイヤルホストでランチのあと、台湾のガイドブックを探しに。スマホを持っていないので、やはり一冊は携帯することにしました。  で…。和歌山城北のダイワロイネット...「心は台湾へ‥ネットで情報収集中❸」の続きを読む
 ブログ長屋の柳友潤さんからトイレについてのコメントをいただき、さっそく調べてみると。台北で2月28日から連泊のホテル 福泰桔子商旅林森店(オレンジホテルリンセンタイペイ)はウォッシュレット付きだった...「心は台湾へ‥ネットで情報収集中❷」の続きを読む
   ここよ、ここ。いちどは泊まりたい圓山(円山)大飯店(まるやまだいはんてん)。  圓山大飯店は、日本統治時代、剣潭山(けんたんさん)という山の上に建てられた台湾神宮の跡地を利用して、台湾大飯店とし...「心は台湾へ‥ネットで情報収集中❶」の続きを読む
 闘病中の知人から先日電話をいただいた。その中で「あきこさんは仙人(!?)だから」と言われてビックリ。(ほんまかいな) じつは、似たようなことをいままでも言われたことがあるのね。(少々ブログのネタ切れ...「ほんまかいな…」の続きを読む
 現在、一回目抄出(約2,700句)のうち、1919句から二回目411句の抄出が終ったところ。残りの句が新葉館出版さんから届くのを待って、台北出発までに一応の抄出を終える。あきこに万一のことがあっても...「表題は『川柳の横綱・前田咲二 千(未定)句』とするか?、『川柳の横綱・前田咲二遺句集』として遺稿も付けるか?、それとも?」の続きを読む
 ♡川柳の会に入りませんか (和歌山市内の句会へのおさそい)   川柳を、正しく楽しく勉強して、早く上達し、川柳の先輩や友人をつくるということは、川柳を続けていくためにいちばん大切なことです。これらの...「(2019/2/11) 川柳塔わかやま吟社2月句会‥《わたくしの余白を多色刷りにする》」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K