Loading...Loading...

 3歳で亡くなった秀吉の嫡子・鶴松の菩提寺・祥雲寺の大仕事が等伯のもとに舞い込む。派の長である永徳を亡くし動揺を隠し切れないでいるところに、「京都第一の寺」と言われた祥雲寺(智積院)障壁画の大仕事を等伯率いる長谷川派に持っていかれた狩野派の憤りは、計り知れないものであったと思われる。等伯は、永徳を強く意識しながらも、金碧障壁画でありながら狩野派にはない抒情的な表現を試み、名実共に狩野派に対抗するまでになった。(写真上:長谷川等伯筆 国宝「楓図」)

 その等伯を次々と悲しみが襲う。この障壁画完成の前年に、よき理解者であった千利休が自刃。その悲しみの中で完成させた矢先、等伯の片腕となって制作にあたった息子の久蔵までが、26歳という若さで亡くなってしまう。(写真中:長谷川久蔵筆 国宝「桜図」)

 

 その悲しみを背負って描いたと言われるのが、「松林図屏風」(東京国立博物館蔵)。これは等伯筆「楓図」や久蔵筆「桜図」など祥雲寺の一連の障壁画と同じく、国宝に指定されている。当時、七尾の海岸沿いにはずっと松林が続いていたと考えられる。描かれた松林は、強風に耐え細く立ちすくむ能登の松林に、あまりにも似ている。千利休を亡くし、息子久蔵を失った等伯の目に映ったのは、郷里七尾の松林だったのかも知れない。心象風景とも見える「松林図屏風」には、大切な人たちの死を乗り越え、水墨画にその境地を深めていった等伯の心情が映し出されている。(写真下:長谷川等伯筆 国宝「松林図屏風」)
続きは次回



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

※時間がないので、少々急いでまいります。写真は徳島市・東照寺の、戦火を逃れ現存する地蔵菩薩半跏像。ため息が出るほど美しいので、拡大してみてください。 『前田咲二遺句集 平成15年』【40】 脛かじる息...「手のなかに師・前田咲二【40】‥《いくたびの戦火くぐってきた仏》(前田 咲二)」の続きを読む
 川柳マガジンに現在連載中の、新家完司先生の「知っておきたい・味わいたい・伝えたい川柳の名句。名句を味わう 理論と鑑賞」(12月号)に採り上げていただきました。刊行は来年?とか。先生、(遅ればせながら...「新家完司先生の「名句を味わう 理論と鑑賞」に載せていただきました‥《喪中ハガキ輪ゴムでとめて酌んでいる》(たむらあきこ)」の続きを読む
※時間がないので、少々急いでまいります。 『前田咲二遺句集 平成15年』【39】 肝臓は強いが心臓は弱い 明日のことは何にも考えていない 家族団欒 描く絵の具が足りません パズルのように原風景を組み立...「手のなかに師・前田咲二【39】‥《枕裏返して夢を裏返す》(前田 咲二)」の続きを読む
※時間がないので、少々急いでまいります。 『前田咲二遺句集 平成15年』【38】 戦争終結 長い廊下が待っている 手当り次第にページを繰っている焦り 年齢の違いに油断してしまう 無一物という豊かさもあ...「手のなかに師・前田咲二【38】‥《カーネーション代りに庭の花手向け》(前田 咲二)」の続きを読む
※時間がないので、少々急いでまいります。 『前田咲二遺句集 平成15年』【37】 花粉症兼流感の大マスク また一つ時効が罪を消してゆく いただいた釘煮へ白いめしを炊く みんなに聞かすために一人を叱って...「手のなかに師・前田咲二【37】‥《日本の顔でうどんを食べている》(前田 咲二)」の続きを読む
 ※時間がないので、少々急いでまいります。平成15年度に入ります。 『前田咲二遺句集 平成15年』【36】 篤農の手に一枚の賞がある お年玉の減額をまた言いそびれ フセインの脳も査察をしなければ のん...「手のなかに師・前田咲二【36】‥《行き迷う道が真っ直ぐすぎるから》(前田 咲二)」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K