Loading...Loading...

 現在、一回目抄出(約2,700句)のうち、1919句から二回目411句の抄出が終ったところ。残りの句が新葉館出版さんから届くのを待って、台北出発までに一応の抄出を終える。あきこに万一のことがあってもいいように、新葉館出版さんにメールに添付して送り返しておくつもり。(石橋を叩いて渡るあきこ)
 24日は、久しぶりに奈良県内の大会(第1回 橿原市民川柳大会)に出席の予定(またまた事前投句を飛ばしてしまったのね)。今日(13日)はこれからドトールにて当日の宿題を大量に詠んでスッキリしてくるつもり(笑)。やはり川柳作家は川柳を詠まないと体調がくるうのね~(笑)。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

表題は『川柳の横綱・前田咲二 千(未定)句』とするか?、『川柳の横綱・前田咲二遺句集』として遺稿も付けるか?、それとも?”にコメントをどうぞ

  1. 昌紀 on 2019年2月12日 at 11:00 PM :

    横綱は分かっているので、わざとそれは付けずに、ただ「前田咲二」とした方が凄みが出ます。遺稿を付けるつけないにしても「前田咲二 川柳句集」みたいな感じで軽くいったらどうでしょう。

  2. たむら あきこ たむら あきこ on 2019年2月13日 at 6:25 AM :

    昌紀さま
    ありがとうね~。
    ただね~、後世の方々は「前田咲二」を知らないわけでしょう?
    何を頼りに句集を紐解いてくれるかと思うと。
    「横綱」がついていれば、そうかと思って手に取ってくれるかと。
    「横綱」たるゆえんの説明もあとがきに少しつけて。
    でも、どうするかはもう少し熟考することに。
    「横綱」は、文学する方からみれば、安っぽいということもあるし。
    今年の、三回忌までには仏壇にお供えしたいと思っているのね。
    いつもありがとう。
    感謝しているのよ。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K