Loading...Loading...

 先ほど、やっとセンマガ「川柳クリニック」№4ファイルをメールに添付で出版社に送ったところ。(完全主義なので、〆切ギリギリまで推敲するのは川柳と同じ)
 ということで、しばらく休憩。吟行の疲れはまだ残っていますが、ブログを書いたあと吟行句もアップの予定。もうしばらくお待ちください。(__)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 6日。七尾駅で乗り換え、はくい駅着は9時前。いったん駅の外に出てしばらくして改札の方を見ると、加久氏。ご挨拶、車に乗せていただく。気多大社の近くに車を止めて、ご友人の桜井哲夫氏とご挨拶。境内の折口信夫父子の歌碑まで案内していただく。さらに落葉を踏みしめて「入らずの森」といわれる神域に入ってゆく。折口信夫歌碑。
 能登大社焼窯元に立ち寄り、折口信夫師の話などを伺う。(写真:大社焼の生の葉をそのまま焼き付ける「真葉手(しんようで)」という手法による湯呑、これを買ったのね♪)
 続いて、折口春洋の生家。気多大社へ戻る途中に咲いていたマユミ(と、加久氏に教えていただいた)の赤い実が可愛かったので、それを言うと、桜井氏が一枝折って下さったのね。
 気多神社境内へ。折口信夫父子、家持の影に影を重ねるつもりで参拝。(写真:気多大社にて、加久氏と)
 車で、いよいよ折口信夫父子の墓(写真)まで。(直方体、詩人の墓石を撫でてまいりました)
 千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイを爽快に走っていただく。日本で唯一砂浜を車で走ることができる場所だとか。(波打ち際を走れるのね)
 大伴家持の歌碑を見てから、千里浜レストハウスへ。昼食(うどん&コーヒー)。桜井氏とはここでお別れして、羽咋駅まで。加久氏に深くお礼を申し上げる。一人で駅前の喫茶店へ。14時半の鈍行で金沢まで。特急サンダーバードで大阪まで。大阪環状線で新今宮、南海本線で和歌山市まで。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

つづき(6日) 念願の羽咋(はくい)・折口信夫父子の墓吟行‥もつとも苦しき/たゝかひに/最もくるしみ/死にたる/むかしの陸軍中尉/折口 春洋/ならびにその/父 信夫の墓(墓碑銘)”にコメントをどうぞ

  1. 赤池 加久 on 2018年11月10日 at 8:47 PM :

    あきこ 様
    羽咋への吟行・紀行拝読。さぞお疲れだったことでしょう。
    足場の悪い山道(?)でしたので心配しました。
    ご希望に添えたかどうか案じておりますが、
    お蔭で私も折口信夫のこと、より深く知ることができて
    たいへんうれしく勉強になりました。
    また、ご来羽ください!まずは感想まで。

    • たむら あきこ たむら あきこ on 2018年11月10日 at 9:33 PM :

      赤池 加久さま
      また参ります。
      桜井さんがおっしゃっていた、折口信夫に関係する会があるときに。
      お墓に手向ける花を持っていかなかったのが、残念。
      お二人には心から感謝しております。
      時間があるときに、またあれこれ作品を読み返してみようと思うのね。
      養子に迎えた春洋氏の遺歌集を出しておられるのね。
      その気持ちがよく分かるのです。
      気多神社の周辺は、どこかなつかしく、折口師が気に入られたというのも分かるのね。
      千里浜は、家持の頃と変わっていないのではないかと思いました。
      ほんとうにありがとうございました。(__)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K