Loading...Loading...

しばらく句を詠んでいないとイラつく。本日の句会に向けて就寝前に1時間、3題46句を詠む。句会終了後も、近くのドトールにて、31日の和歌山三幸川柳会の記念川柳句会へ向けて45句ばかり。スッキリ。川柳人はやはり川柳を詠んでいないと駄目なようだ。
起床後推敲、1時間ほど。少し休憩、11時過ぎに自転車で5分、勤労者総合センターまで。1Fロビーにて寒さに震えながら推敲。12時半ごろ3F句会場まで。敏照、明子、知香、祐子ほかみなさまとご挨拶。席題の出題と選を仰せつかる。
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
[番傘とらふす1月句会] 出席1?名。欠席投句??名。
本日の入選句。
しあわせのかたちが少しずつ動く(「しあわせ」 軸吟)
夕ぐれが近づくうたわねばならぬ
哀しみのかたちでうたう遠花火
陽がうたうとき出る母の車椅子 (小原敏照選「歌う」止め )
なるべく構わぬことにされてるおもてなし
三つ指に和を込めておくおもてなし
月下美人の一回性という出番
仲間の出番はゆるさぬいわし雲
出番というあかるさへ紅足している (馬場明子選「出番」 止め)
本日の没句
両てのひらひろげてきみをおもてなし
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
句会終了後新年会とのこと。失礼して、帰途ドトールにてさらに作句。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K