Loading...Loading...

 9月27日午後7時57分、前田咲二先生が逝去されたことを、二週間後の今月11日の新聞紙上にて発表。このことは、何事にも用意周到な先生のご遺志であることが、わたしには分かる。先生、長い間ありがとうございました。心からの哀悼の念を込めてまずこの25句を捧げます。(残りもいずれアップいたします。これから推敲を重ねてまいります。いずれ句集に収載予定)
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
―故 前田咲二先生に捧げる25句
まぼろしをあつめる淀屋橋あたり
見えぬ目のまなざし「仙人」の部分
移りゆくこの世二つの水柱
遡る月日 あふれるきみの声
心中のきみに独語をかたむける
麓からすこし返ってくるこだま
それぞれに位置の取り方 顎いくつ
腋芽(わきめ)のびるようにきのうが継がれだす
師にまつわる記憶 鍛えているところ
きみといた日々へときどき蓋を取る
やがて辻褄が合ったら閉じる蓋
通じあうひとへのばしている想い
わたくしのきのうが透けてくる 秋陽
どこか似ている背中がふいにきみを出す
石段のカーブが覚えているきのう
まぼろしがきのうの石段に笑う
きのうのきざはし 恩師とわたくし
手に残るきのうへそれぞれの視角
深層意識にやがて紛れてゆくらしい
おぼろげな詩人の川を遡る
きみの十年の軌跡に沿っている
師も神も出掛けているらしい 十月
スコールがときどき心情の喩
四方八方にきのうが立ちあがる
公会堂のきのう 畳んで持ち帰る



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K