Loading...Loading...

 なんと。23時ごろ「立皇嗣の礼」で検索、開いた『ウィキペディア(Wikipedia)』にもう本日の式典の様子(写真)がでていたのね。下記は、一部。これも時代の一つの節目だろう。アメリカはトランプ大統領の選挙戦敗退?、後がすっきりしないですね。
…‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥……
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

立皇嗣の礼(りっこうしのれい)、または立皇嗣礼(りっこうしれい)は、第126代天皇徳仁秋篠宮文仁親王の立皇嗣を国の内外に宣明する一連の国事行為で、皇室儀礼

皇統に属する男系男子が皇位継承資格を有する上で、皇嗣(皇位継承順位第1位にある者)が「皇太子在位中の天皇の皇男子)」である場合は「立太子の礼(りったいしのれい)」が行われるが、徳仁には皇男子が不在であるため、皇嗣となった文仁親王は実弟であるが、「皇太弟(こうたいてい)」等の称号が定められなかったことから、儀式の名称は「立皇嗣の礼」に決定した。

立皇嗣を国内外に宣明する立皇嗣の礼は、即位礼正殿の儀10月22日)から半年後の2020年(令和2年)4月19日[1]皇居宮殿正殿松の間などで行われる方向で調整が進められていたが、同年4月10日内閣官房長官菅義偉第4次安倍第2次改造内閣)による記者会見において、「世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響から緊急事態宣言が発令されたことを踏まえ延期する方向で調整を進めていること」が明らかにされた[2]

日本国憲法及び現皇室典範の下での継宮明仁親王(上皇)・浩宮徳仁親王(天皇)は、大日本帝国憲法及び旧皇室典範の下での明宮嘉仁親王(大正天皇)迪宮裕仁親王(昭和天皇)を含めても、これら4人の親王のうち明宮嘉仁親王を除く3人はいずれも皇太子として立太子の礼が行われた(嘉仁親王は明治天皇の庶子にあたり、旧皇室典範では皇位継承順序は嫡庶長幼の順のため、嫡出の弟が生まれた場合は皇位継承順位が繰り下がる可能性があったが、10歳のときに立太子の礼を行い、皇太子とされた)。

立皇嗣の礼は退位の礼(第125代天皇明仁の退位に伴う儀式)と同様、憲政史上初めて行われる皇室儀礼となる。

皇位継承に関わる儀式を円滑に実施するため宮内庁は「大礼委員会[3]を設けた。

内閣は2020年(令和2年)10月8日、式典委員会を総理大臣官邸で開き、立皇嗣の礼を同年11月8日に開催すると決定。天皇徳仁・皇后雅子・皇嗣秋篠宮文仁親王・皇嗣文仁親王妃紀子を除き、参列者にはマスク着用を求め、アルコールによる手指の消毒・会場の換気をよくするなど感染防止を徹底する。

2020年(令和2年)11月8日午前11時から約15分間「立皇嗣宣明の儀(りっこうしせんめいのぎ)」、午後4時から約30分間、文仁親王が天皇皇后にあいさつする「朝見の儀(ちょうけんのぎ)」を、ともに皇居・正殿松の間で行う。

なお、賓客と食事を共にする祝宴「宮中饗宴の儀(きゅうちゅうきょうえんのぎ)」は中止となった[4]



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K