Loading...Loading...

 いま6時5分、昨夜は疲れて眠ってしまったのね。27日、28日と和歌山県をほぼ一周。(27日は和歌山市(7:54発)~和歌山駅、乗り換えてJR和歌山線で五条まで。バス(奈良交通・八木新宮線)で五条~湯の峰温泉(14:34着の予定が少々遅れた?)。民宿あづまや荘泊。

 28日は熊野御坊南海バスで湯の峰温泉(6:56発)~新宮高校正門前(7:54?着)まで。【前田咲二先生の参考資料をお届け】 新宮高校前~新宮。JR紀勢本線・特急くろしおで新宮(12:50発)からほぼ海沿いに和歌山まで、乗り換えて和歌山市まで。(16:18着)、こころに残る旅でした。(和歌山市駅降りてすぐ、玉林園で作句一時間ほど、51句。)

続きは次回



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

和歌山県をほぼ一周。27日、湯峰温泉~28日、新宮高校、世界遺産の地を満喫して帰ってまいりました”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2020年10月29日 at 9:06 AM :

    和歌山県を一周? スゴイですねぇ。エネルギー、ありますね。
    バスで(バスを乗り継いで)、奈良県から新宮まで行けるんだ? そんなルートもあるんですね。小生などは、大阪から特急くろしおに飛び乗って新宮まで行きました。2年半前のこと。車内販売がなくて、ハラペコのまま数時間、新宮着の2年半前でした。
    はい、お疲れさまでした。

  2. たむら あきこ たむら あきこ on 2020年10月29日 at 9:58 AM :

    江畑 哲男さま
    このバス路線は日本一の長さを誇るのね。
    熊野川を下に見ながらかなり高いところを南北にほぼ縦断しています。
    この路線は、いまから秋の最盛期に入ります。(もう、色づき始めています)
    治山事業がさかんに行われているのね。(がけ崩れの後始末)
    道路はしっかりしているので、いちど走ってみる価値は十分にあります。
    湯の峰温泉は最古の温泉。
    ひなびた温泉地で、世界遺産のつぼ湯があります。
    今回は、あづまや(泊まりは、安いほうの民宿あづまや荘)の温泉三つを堪能。
    帰りは、足が気のせいか軽くなっているのね。
    ここは豊かな温泉が湧き出ているのね。

    龍神温泉は有名ですが、自然湧出のほうは少々枯渇しているらしいのね。
    で、このコースをお勧めします。
    新宮からの帰りもJRで名古屋に直結よ。
    熊野灘のすばらしい景色を堪能してみてください。

    ところで。
    新宮高校の宮井教頭先生としばらくお話ししたのですが。
    前田先生のコーナーをつくってきちんと展示してくださるそう。
    あとでその写真を送ってくださるそうなので。
    楽しみにしているのよ。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K