Loading...Loading...

新宮吟行23句(2020/9/27~28)
  頭上の岩は神の憑代(よりしろ)
岩に威厳あってかつての家長の座
注連縄(しめなわ)を飾って神であり続け
天磐盾(あめのいわたて)を包んでいる朝日
ゴトビキ岩のきのうがすこし近くなる
憑代の岩にこの世の雨こぼれ
うつし世か常世(とこよ)か岩がうごかない
  けふかきのふか暮れなずむ杜(もり)
  めくる歳月境などなし
  憑代という大岩に苔
  石段歩みがたき凹凸
  苔むしている巨石信仰
  きのうからくるかぜと磐座(いわくら)
  うつし世に立つ滝もわたしも
538段は祈りのながさ
  熊野三山元宮(もとみや)の磐
  袈裟岩(けさいわ)という線をひいてる
  師の面影とあるく命日
ゴトビキ岩が見下ろす波音のかぎり
  歴史はるかに天磐盾
  探しつづける神武天皇
  かまくら積みの石の武骨さ
師の影がまたかたわらに立つ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K