Loading...Loading...

 定金冬二(さだかね・ふゆじ)は大正3年(1914年)津山市生まれ。昭和6年「漫画川柳」との出会いから川柳に興味をもち、昭和23年津山番傘川柳会を創立。昭和31年 川柳みまさか吟社を創立。津山市に句碑あり。出版されている作品集は『無双』、『一老人』。平成11年(1999年)没。
‥‥‥‥‥‥……‥‥‥‥‥‥……‥‥‥‥‥‥……‥‥‥‥‥‥……
定金冬二の川柳15句
香典の包みをひらくわがゴッホ
一老人 交尾の姿勢ならできる
ケイトウは鬼のかたちで立ちはだかる
ぼうふらの眼にぼうふらが死んで行く
ぼくはきっとカマキリという死者になる

ふところに男は駅を一つ持つ
百日草 百日咲いて莫迦になる
わたくしの通ったあとのすごい闇
音たてて転べ誰かが見てくれる
橋が長いのでおんなが憎くなる

いつか私の柩が帰る古い駅
割り箸を割ると枯野が見えてくる
闇を出て花火師になるほかはなし
死ぬときはひとり独りの花を買う
かくて大地に人間のめし犬のめし



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

定金冬二の川柳15句‥《割り箸を割ると枯野が見えてくる》(定金 冬二)”にコメントをどうぞ

  1. 昌紀 on 2019年7月24日 at 9:17 AM :

    実はまだ読んでなかったのです。
    これを機に読みます。

  2. たむら あきこ たむら あきこ on 2019年7月24日 at 9:41 AM :

    昌紀さま
    あはは。
    正直者よね~。
    作品を渡していただいたら、もう一度抄出、アップすることに。
    全国のみなさんともご一緒に先人に勉強させていただきましょう。
    暑いので、果物などで朝からしっかりビタミンを補給、体調に気を付けるのよ。(↽また出た、るせ~な、ったく)
    あはは。(*^^*)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K