Loading...Loading...

(私信は公開いたしませんが、今回は内容的に差し支えないものと考え、アップさせていただきました。)
田村 様

こんにちは。新宮高校教頭の宮井です。
お礼が遅くなって申し訳ありません。
先日は、わざわざ貴重な書籍や資料を寄贈していただき ありがとうございました。
ようやく図書館にも前田先生のコーナーを設置してもらったので、ご報告も兼ねてメールさせていただきました。
これを機に、生徒たちにも前田先生や田村さんのことを知ってもらい川柳にも興味・関心を持ってもらえたらと思います。 

田村さんのブログも時折拝見させていただいています。
これからも活躍されることを期待しております。
新宮にお越しの際は、また本校にもお立ち寄りください。

追伸 コーナーの写真を添付しております。

                                       〒647−0044 和歌山県新宮市神倉三丁目2番39号
                                                 和歌山県立新宮高等学校
                                                 教 頭   宮井 貴浩
…‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥……

宮井教頭先生

たいへん嬉しく、喜んでおります。さっそくブログにもアップさせていただくことに。

10月11日から30日まで、『前田咲二の川柳と独白』は新葉館出版の売上ランキング実質1位。またそのうち上位に上がってくると思っています。

新宮高校のグラウンドから見た神倉神社を忘れません。
前田先生のたましいのようなものは、あそこから来ていると感じました。
先生の青春を過ごされた場所を歩いて、感無量でした。

それとともに、宮井先生のことも忘れません。
前田先生も、母校でこれから後輩のみなさんをやさしいまなざしで見守られるのではないかと。
どうか、貴校に川柳という文芸が根付きますように。

もう少し後になりますが、『前田咲二千句』も準備中です。
そのときには、また寄贈させていただきます。
また、新宮にまいります。
                                           たむらあきこ 拝



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

新宮高校(前田咲二先生の母校)の教頭先生から図書館の『前田咲二コーナー』の写真を送っていただく。ありがとうございました!”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 on 2020年11月13日 at 12:40 PM :

    図書館に前田咲二のコーナー、良いですねぇ~。
    嬉しいニュースです。全国に広めたいニュースですね。
    お世話さまです。有り難うございます。
    新宮高校の教頭先生、有り難うございました。新宮高校の図書館も、有り難う! 生徒諸君、どうぞ足を止めて下さいナ。
    たむらあきこさん、お疲れさま。素晴らしい! 今後ともヨロシク。

  2. たむら あきこ on 2020年11月13日 at 8:13 PM :

    江畑 哲男さま
    いい教頭先生なのよね~。
    ブログも読んでくださっているみたいで。
    ありがたいことです。

    文芸部があるようなので、これをきっかけに新宮高校のみなさんに川柳をつないでいただけたらありがたいですね。
    9月28日に初めて行かせていただいたときのことですが、廊下に、なんと川柳が貼りだされていたのね。
    とにかく、今回もしっかりと周辺を歩いてまいりました。
    前田先生の影に影を重ねるように。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K