Loading...Loading...

 めったに褒めることのなかった師・前田咲二。時事川柳を褒めてもらったことは、一回しか記憶にない。(なので、よく覚えているのね) 平成24年4月号(通巻636号)で「かわらばん近詠」巻頭に採っていただいているので、そのあたりだったかと。「あんたの時事川柳ができてきた。これ(それ?)でいい」と笑顔でおっしゃったのね。平成19年秋に(後継者にと、のぞまれて)同人になったので、4年半経ったころ。瓦版句会のほかにもあちこち句会を飛び回っていると、「時事川柳を、もっと詠め」と苦言めいたことをおっしゃったこともあった。(聞かなかったのね) (10年間、時事川柳は瓦版句会当日の朝40~70句ほどをまとめてつくり、あと電車内と喫茶店で推敲、句会の準備もしながら出席したのね)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
平成24年4月号
かわらばん近詠(巻頭・92名中) たむらあきこ
3・11だから希望を語らねば
ムンクの「叫び」震災がまだ続いてる
原発の負債を国民が背負う
民主のマニフェストは陽炎のことば
女性宮家という税金の要るはなし

平成24年5月号
かわらばん近詠(巻頭のつぎ)たむらあきこ
マニフェストも桜もいまに全部散る
原発へ禊は済んだとはゆかぬ
再稼働への動きを激写しておこう
年金がいつかは車両切り離す
橋下の輪ゴムに狙い撃ちされる

平成24年6月号
かわらばん近詠    たむらあきこ
原発は沈黙鬼灯になった
五月の山の嘘に嵌ってしまったか
マニフェストのままで煮凝ったらしい
舌ペロリ出して尖閣売りつける
ざぶとんの広さで大陸棚になる

平成24年7月号
かわらばん近詠    たむらあきこ
再稼働をうかがっている風見鶏
50基が止まり昔を巻き戻す
みちのくの被災者流木になった
お布施には苦渋の顔を入れておく
アルバイト僧侶の経が送りだす



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

つづき‥師弟(前田咲二・たむらあきこ)の時事川柳”にコメントをどうぞ

  1. 昌紀 on 2019年6月20日 at 11:09 PM :

     時事吟は、基になった出来事(事件等)は何だったんだろうと考え思い出す楽しみもあり、思い出せなかった時の何とも言えぬくやしい(?)心持ちもあり、一種独特です。時事吟も出来事と離れてそれとは別に、一句として独立するべきでしょうが、それはなかなか難しいと思われます。
     新聞の見出しをうまくアレンジして五七五にまとめただけの句や、新聞社のお眼鏡に適うように作った句が「時事吟」でございますと威張っている昨今、僕なりの時事吟も細々と作っていかんとあかんのかなあと…

    • たむら あきこ たむら あきこ on 2019年6月20日 at 11:52 PM :

      昌紀さま
      そうね。
      先生があきこに言われたことは、やはり一読明快、句が「わかる」ということの大切さ。
      句が「わかる」「わからん」ということを、よく口にされました。
      流行りの革新川柳には、やはり否定的な言い方をされましたね。
      時事川柳は、出来事を自分のなかにいったん取り込んで咀嚼、自分(だけ)のことばを絡めて吐き出すのね。
      句の中に、作者がいないとダメ。
      昌紀さんは頭がいいし、複眼的な思考もできるだろうから、よい時事川柳が詠めるはず。
      あきこは、いまでも時事川柳は男性優位なのではないかと思っているのね。
      視野の広さから言っても。
      がんばって、昌紀川柳を構築していってください。 オウ(*^0^*)エン!!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K