Loading...Loading...

画像「(誠徴)洗碗歐巴桑」の邦訳は標題の「  」内の通りです。

先日、同内容の求人広告を張り出した飲食店は、当局から約100万日本円を罰せられ、マスコミにも話題になりました。罰金の理由は、男女雇用機会均等法の違反です。

正直「洗碗歐巴桑」というのは、ずうっとお馴染み言葉で、このニュースを見た時、小生も一瞬「え⁉️」の感じでした。

後でなるほど、台湾もとうとうそういう社会になったと感心しました。

確かに「求む食器洗いおばさん」だと、

若い女の子はダメなのか!

おじさんもダメなのか!

という年齢、性別の差別につながります。

ただ、飲食店からすれば、今までOKだった求人広告が、翌日100万円のペナルティを喰らうとは、きっと想定外だったでしょう。

「厳しすぎる」という批判に対して、当局はこの「荒療法」で世間は法律をかなり注目するようになり、いいことだとの言い張っております。

ここまで書いて、当会の生き字引のお爺ちゃんがよく言っていたことを思い出す。曰く

日本語はなぜ

好好爺」があって「好好婆」はない

姥捨山」があって「翁捨山」はない

毒婦」があって「毒夫」はない

……………………………………………………

はぁ〜〜 なぜでしょう。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

「求む食器洗いおばさん」はペナルティー”にコメントをどうぞ

  1. 新家 完司 on 2022年6月20日 at 6:12 AM :

    おはようございます。いや~、罰金100万円、いくら「世間への注意喚起のため」と言ってもチョッと厳し過ぎますね~。もう目的を果たしているでしょうから、減額してあげてほしいです。

    それと、生き字引のご指摘、おもしろ~~い! 改めて「そうだなあ~」と思いました。ついでに言えば「鬼婆はあるが鬼爺はない」。このような言葉はやはり「男尊女卑」をベースにしたものでしょうね。そして、物語を作る人が男性サイドだった所為かもしれません。

    • 杜青春 on 2022年6月26日 at 12:30 AM :

      新家先生、鬼婆はあるが鬼爺はない、確かに!勉強になりました。
      「注意喚起」のことば久しぶりに聞きました。やはり現役を離れたせいだとおもいます
      またいろいろと教えてください

  2. 上野楽生 on 2022年6月20日 at 12:46 PM :

    戦前に日本語教育を受けた台湾人の国語力は凄いですよね。
    私のような戦後生まれの日本人なんて、全く歯が立ちません。
    台湾川柳会の句会で正しい日本語を教えられました。

    • 杜青春 on 2022年6月26日 at 12:31 AM :

      楽生師匠、いつもコメントありがとうございます
      ホントに、お爺ちゃんの日本語、まったく歯がたちません。
      ただ、ただ感服です

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K