Loading...Loading...

Tsuda Isoko

今年は台湾にとって台風のあたり年。合わせて6台風を台湾を直撃しました。例年と違って特に北部に大きな被害をもたらしております。その中で台風13号の被害はとりわけひどかったのですが、それでも以下の思わぬ置き土産でちょっとしたブームが起こっております。

八月八日台北市内の郵便ポストが、台風十三号の強風で落ちた看板に直撃され傾いた。赤と緑のポストが並んで傾く姿は「歪腰郵筒(腰の曲がったポスト)」と呼ばれ、ネットやマスコミを通じて広まった。当局は「台風記念」として傾いたまま保存し、使用続けると発表した。ポストの前には記念写真を撮る人の列ができ、郵政職員が写真撮影のパフォーマンスに一役買うサービスも見られた。後日当局も特製ハガキ、記念シールなども販売した。

上記のことは、日本人の目線からすれば、確かに奇妙な光景でしょう。

ちなみに作者の津田勤子さんは当会もう一組の「親子組」。2011年入会早々、兵庫県在住のお父様、俳人の津田霧笛さんを誘い当会に入会しました。勤子さんは1994年当会成立と同じ年に台湾留学され、その後、台湾人と結婚されて定住し、今日に至っております。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

台風で人もポストも翻弄し 津田勤子”にコメントをどうぞ

  1. 上野楽生 on 2015年11月12日 at 9:15 AM :

    >赤と緑のポスト

    僕は海外に行ったらいつも絵葉書を出しています。
    国によって郵便ポストの色も形もさまざまです。
    日本に比べると数が少なく目立たないものが多いです。
    その点、台湾の郵便ポストは数も多く、すごく目立っています。
    今年7月に台湾に行った時には、台北101で3D絵葉書を買って、ホテル前のメインストリートにあった郵便ポストに投函しました。
    1週間位で無事に日本に届きました。

    • 杜青春 on 2015年11月13日 at 8:13 AM :

      楽生師匠 いつもコメントくださりありがとうございます
      台北101の件、楽しかったですね。また遊びに来てくださいね

  2. 新家 完司 新家 完司 on 2015年11月12日 at 4:33 PM :

    おもしろいですね~。災難を笑いに変えるパワー&エネルギー&ポジティブ性は見習いたいものです。俯いてばかりでは前へ進めませんからね。

    • 杜青春 on 2015年11月13日 at 8:54 AM :

      新家先生 コメントありがとうございます
      中国のことわざに「苦中作楽」苦しいときにも楽しさを見出す、というのがあります。
      不謹慎かもしれないが、笑いに変える力は確かに必要かも知れませんね
      またよろしくお願いいたします

  3. 加藤鰹 on 2015年11月14日 at 6:23 AM :

    うはははは、なんだか可愛い傾き方ですね。
    偶然の産物とはいえ日本人もこういったユーモア心を見習ってほしいなと思いましたよ

    • 杜青春 on 2015年11月14日 at 7:34 PM :

      鰹さん、コメントありがとうございます
      台湾では私を含めて野次馬根性の人が多く、しかもネットもかなり普及しているので
      たちまちブームになります。その代り冷めやすいところもあります….^_^

  4. 大田かつら on 2015年11月16日 at 10:51 AM :

    青春さんお久しぶり‼昨年の第10回記念沖縄県川柳大会へ参加して下さったのですよね。ありがたかった☀嬉しかった‼沖縄いいえ琉球王国は台湾と親しい中で兄弟としての交易の歴史もありますねこれからは川柳でもって交流へ発展できると良いですね今後とも宜しくお願い致しますまたどこかの大会でお会いするのを楽しみにしています

    • 杜青春 on 2015年11月19日 at 3:05 AM :

      かつらさま
      コメントありがとうございます
      こちらこそご無沙汰しております
      沖縄大会ホントに楽しかったです。
      また一緒にカラオケしましょう

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K