Loading...Loading...

 適当にピックアップ、関心のある11人の享年を調べてみた。なんとこの若さであれだけの仕事を遺したのかと、自分に引き比べ(?)感慨しきり。3年の推敲を経て、やっと『たむらあきこ千句』を出版したことでいささか安堵している昨今だが、(当然ながら)この方々の仕事とは質量ともに大差がある。
 むかしはどの方も遥か雲の上遥か年上のような気がしていて、いまだにそのような感覚を引き摺っている。享年を見れば唖然。うかうか、ぼんやりとしてはいられない。(写真:時実新子)
西行 享年73
松尾芭蕉 享年50
種田山頭火 享年57
尾崎放哉 享年41
時実新子 享年78
川上三太郎 享年77
佐藤春夫 享年72
太宰治 享年38
大伴家持 享年68
芥川龍之介 享年35
棟方志功 享年72



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

享年を想う‥《享年のことを叫んでいる墓石》(たむらあきこ)”にコメントをどうぞ

  1. 田村 ひろ子 on 2017年7月19日 at 4:27 PM :

    あきこさま
    青森の吟行、明日ご出発ですね。
    今年の7月は東北も猛暑つづきのようです。
    しっかりと水分を摂ってくださいね。
    良き出会いの旅になりますように。
    行っていらっしゃい!!!!

  2. たむら あきこ on 2017年7月19日 at 6:38 PM :

    田村 ひろ子さま
    行ってきま~~す。
    とうとう恐山。
    あまり調べ過ぎるといけないだろうと、ほどほどにしたのですが。
    仏ヶ浦が恐山の奥の院ということで、ちょっと驚きました。
    ここも、行かねばならない理由があるのかもしれません。

    しっかり歩いて、三百句ほど詠んでまいります。 q(^^;)
    いつも、ありがとうね~。  イッテ(^◇^)キマ~~ス

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K