Loading...Loading...

(15日、記す)和歌山市駅10時発特急サザンで天下茶屋、地下鉄堺筋線で日本橋、千日前線で谷町九丁目まで。雑詠1句、兼題「妖」1句を車中推敲。徒歩5分、たかつガーデン3階菫まで。正博、由紀子、くんじろう、洋子、かがりほかみなさまとご挨拶。
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
[川柳カード第6号・合評会] 出席16名。
下記は句と、その句に対する句評。覚え書き(一部)。
網膜に花はにほへど血りヌルを (狂句の系列‥祥文)
雹の降る朝は脾臓を出し渋る ((10句全体に?)いつもより飛躍が少ない。危機感。一筒にしては初めてのリアリティ‥柊馬)

(吟行の句、むずかしい。1句として見たときの独立性‥正博)
(日常をきょろきょろしてたら川柳は書ける‥祥文)など
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
下記2句は本日互選(後で合評)に提出した私の句。
水滴がのっぺらぼうを彫っている(「妖」)‥6点
(妖怪の名前をとっているのがちょっと‥正博(採らなかった理由))
風葬に致しをりさふらふ きみの鎖骨(「雑詠」)‥3点
(すごく心寒い情景‥洋子)
(技が過ぎる‥祥文(採らなかった理由))

本日の互選最高点作品。
妖精が書いた記事だと思います(「妖」)‥8点
どこまでカーディガンいきなりサーカス(「雑詠」)‥10点
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
翌日の大会に向けて、南海パーラーにて推敲ほか。生ビールセット、今年最後のカキ氷。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

革新川柳「川柳カード」合評会”にコメントをどうぞ

  1. えんじぇる on 2014年9月18日 at 10:45 PM :

    句会の時の、大伴家持の話に、とても、興味を魅かれました。海ゆかばの歌が、脳裏に浮かび、句会中に、口ずさんでしまいました。大君への忠義、なぜに、左遷されたのか。宮廷歌人ゆえの悲劇なのでしょう。旅行で、いろいろなことが、判明すれば、楽しいですね。良い、ご旅行を!

    • たむら あきこ on 2014年9月19日 at 12:21 AM :

      えんじぇるさま
      「海ゆかば」、名曲ですよね。もちろん詞もいい。
      何度も口ずさんでいるうちに、どうやら家持の霊とチャネリング(?)、終焉の地に呼ばれているのかも知れません。
      歩いているうちに、「その場所」に連れて行かれるような気がする。そこで、霊を慰めることになるのかと。
      吟行なので、東北大会が終わったあと、詠んできます。27日から、仙台。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K