Loading...Loading...

 またまた。ちょっとお待ちください。
しんぶん赤旗の選のツメにかかっております。(__)

 じつは、昨日お電話で赤旗文化部デスクの○○○○先生と半時間ほどお話しさせていただいたのね。なんと、川柳の投句がいちばん多いのだとか!! ほか(ここには書けませんが)いろいろもったいないおことば、ありがとうございました。

 (昨日の)デスクからのメール(私信なので、やはり書けません)へのあきこの返信が下記。(表題の内容を書く時間がないので、お詫びに代えてこんなことを書いているのね。最近こんなことばかりで、スミマセン。(__)) (20日、記す)
…‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥……

○○○○先生

選者に選んでくださった○○先生に恥をかかせてはならないと、慎重に選をしております。
すべては、心から心。(↽ちょっと、キザかな)
でも、気付かれたことがございましたら、何でもおっしゃってください。
ご遠慮は要りません。
○○先生も、真っすぐなサムライですから。(ちょっとシャイなのよね、笑)
何を注文なさっても大丈夫よ。

和歌山は、那智の滝など、とくに南がいいです。
高野山もですが、世界遺産で温泉もたくさんあります。
湯峰温泉のつぼ湯はそれ自体が世界遺産で、ふつうにいまも入浴できるのね。
時間ができましたら、熊野方面へ是非お出かけください。

コロナに加え、寒くなってまいりました。
お若くても、ご体調にはくれぐれもお気をつけて!

たむらあきこ 拝



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K