Loading...Loading...
 少し前になるが、20時頃スーパーから帰ると「電話がいっぱい鳴っていた」と息子。ケータイの発信者の名前はと見ると、朝日新聞和歌山版「川柳」欄選者のHさん。
 文芸評論家荒川佳洋氏による、あきこの『よけいにさみしくなる』(令和川柳選書)への評が日本現代詩歌文学館の館報『詩歌の森』第100号(最新号)に載っていることを教えて下さったのね。
 文学館に依頼して、本日送っていただいたその内容は下記の通り(関係箇所のみ)。ちなみに荒川氏は日本川柳協会の川柳文学賞の選者のお一人。昨年『よけいにさみしくなる』を佐藤美文氏とともに一位に採っていただいたかたなのね。取り上げていただき、ありがとうございました。


連載 現代川柳時評1
自己表出の短詩型文学
                   荒川佳洋

 巷間隆盛をきわめるセンリュウとは一線を隔し、現代短歌、現代俳句と肩を並べて文学を求める川柳作家たちがいる。
 ……
 もうひとり、和歌山には「わたくし」に固執する作家がいる。たむらあきこである。近作『よけいにさみしくなる』(2022)は、一句一句が独立し、かつそれをつらねて、タイトルに収斂させるという離れ業をやってみせる。
  長くなる影に問われる方向性
  訃のあとを漂うわたくしのさくら
  わたしの断層にはなびら入り込む
 巧みな隠喩と直喩であざやかに自己を切り取ってみせるが、驚いたのは、「わたくし(わたし)」は句集中に四十二箇所もある。十七文字の俳句、川柳では一文字でも惜しむところ、それも平がな四文字の「わたくし」の頻出である。川柳作法からすれば顰蹙を買って無理からぬところだが、しかし、その川柳作法の無視の仕方がとても新鮮で、こういう掟破りのところから新しさは生まれるのかもしれない。
 ……


この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K