Loading...Loading...

第十八回川柳マガジン文学賞25位(6点)「蛍かご」
片岡加代選 秀2 長島敏子選 秀12

蛍かご

ふたりからひとりへのかくれんぼ

あれもこれもゆめ手のひらにのる軽さ

問いかけるように落花が触れてくる

さくらの渦のなかにわたしの飢えがある

どの斜面だろうときみがいてくれた

あれからの曲折日記拾い読む

この世あの世の境に水音がひびく

逢うていることを終点とはできず

じゅずつなぎのあとをつないでゆく余白

こいびとを閉じこめておく蛍かご
…‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥………‥‥‥‥‥‥……

続きは次々回



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K