Loading...Loading...

画像-0046わ  ◇◇ 句集紹介 ◇◇
    『たむらあきこ千句』
                          当会 顧問 山本由宇呆
 昨年暮れに、新葉館出版の川柳ブログ長屋に住む「たむらあきこ」さんから、『たむらあきこ千句』をご恵贈頂いた。装丁は、鮮やかな朱色に白字で「たむらあきこ千句」、ベージュの帯の中央に「詩性川柳の結実」。あとがきに「……句を練るのはほとんど句会に行く途中の電車内。……途中の(窓外の)景色の記憶はあまりない。見詰めていたのは潜在意識の中から浮かび上がる心象風景。……」とある。
 俳句にも「心象俳句」があるらしい。俳句の友人に聞くと「心象俳句」とは、心の動きなどを物や風景、自然などに托して詠むのだそうだ。ならば、「心象川柳」とは、俳句の「物、風景、自然」に替わり、もっと幅広く「言葉」そのものに托して句を詠むこと。私はそんなことをおぼろげに考え、時々思い出しては、この一年ほど試行錯誤してきたつもりである。思い出した時だけの実行では、成果を期待するのは虫が良すぎるのだが、先人の、中村冨二や定金冬二などを読んでみても、私にとっては雲の上過ぎてとても歯が立たない。ところがこの「たむらあきこ千句」は、何となく腑に落ちる気がする。「心象川柳」が身近に降りて来てくれたような気がする。
 句集の中の「きみの訃」から挙げてみる。
   あっけない訃へ雨脚が寄ってくる
   きみの訃を噛む一日が動かない
   きみの訃のまさかをひきよせる怒り
   きみの訃を脱ぎつつもまた問いになる

 この句集のもう一つの特色は、編集構成にある。目次を見ると、章毎のタイトルが意味あり気な言葉で並び、兎も角もページを開きたくなる魅力で一杯だ。別の言い方をすれば、何処から読んでも良い本だ。読みとおす必要は毛頭ない。座右に置いて、何時でも手に取れる本である。そして強調したいのは、各章に属する句は、そのタイトルに向かって《作り込まれた》句である。つまり寄せ集めた句ではない、という感じがする。
 前掲の句を見てお解りのように、東葛川柳会のユーモア句とは質が違う。しかし、長い川柳人生のなかのほんの一瞬でも、こんな川柳に親しんでみるのも一興。ぜひ一読をお勧めする。
 巻末の連作群もまた、秀作揃い。一篇を挙げる。
     妬心の水
   恣意的な角度で風が圧してくる
   「だから何」あなたの言い訳をなじる
   ほんとうの裂け目は自嘲などできぬ
   引きよせた過去を整列させている
   くり返すかたちに過ぎてきた曠野
   折り合えぬことへ無言という答
   耐えている空気がどこまでも澱む
   聞いているフリが突然立ちあがる
   うす闇を呑みこむわたくしの空ろ
   瓶にまた妬心の水が揺れている

  ふる郷を哀しむ風の盆30句   由宇呆



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

ありがとうございました‥「ぬかる道」3月号(東葛川柳会柳誌 №353)掲載の「句集紹介」より、『たむらあきこ千句』(顧問・山本由宇呆氏) ”のコメント欄です

  1. 山本 由宇呆 on 2017年3月29日 at 5:48 PM :

    あきこ さま

    由宇呆の拙文を 全文ご掲載頂いて 感謝感激です。
    その他のコメントは 由宇呆のブログのコメントへ 書きました。
    今頃気付いて 済みません。

    9月30日の弊社大会、 お待ち申し上げます。

    由宇呆  拝  

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K