Loading...Loading...

 急な仕事が入ったので、ちょっとお待ち下さい。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

触れ合い‥柳友というかたち”にコメントをどうぞ

  1. けいたん on 2015年5月12日 at 12:21 PM :

    ご無沙汰して居ます・・・いつも忙しいですねぇ~(^^)//
    私も色々とバタバタと落ち着きの無い生活をしています。
    前にランチ誘って頂いたのに行けずに申し訳なく思っています。
    お互いに元気で忙しいのは理想ですが 時々はゆっくと・・・
    又ランチでもお茶でも行きましようね~~(^0^)V

    • たむら あきこ on 2015年5月12日 at 12:36 PM :

      けいたんさま
      最近ちょっと風邪を引き込んで、いい季節なのに連絡できなかったのね~。
      そろそろましになってきたから、余り暑くならないうちにランチをしよう(ただし、歯が悪いので硬いものはダメ)。
      みんなと連絡取り合って、一度会いたいね~。
      あとで、メールを入れるね。 イコイコp(=^・^=)qランチイコ‰

  2. 茶助 on 2015年5月12日 at 2:27 PM :

    「茶助の名言」
    「柳友」とはよく言ったもので、柳のようなお付き合い。
    ほとんど飲む話、野球の話、戯言などなどで時間を食べて、
    川柳の話をしないのが、川柳家なのである。

    さて、昌紀さまへ。 
    「私の都構想の意見として」
    改革、革命は時代のどこかで必要なものなのですが、
    それが今なのか?
    革命を指揮する人に足る人か?
    そこが問題。
    橋下さんは、思いつきでやっている気がしてならない吉田松陰タイプだと
    思われてなりません。
    松陰も一時の熱情にうなされて「尊皇攘夷」を声高らかに叫びかけたけれど、
    正しくは「倒幕開国」が歩むべき道だった。
    即ち、大阪維新は松陰(橋下)以後に見えて来るものを待つべきだと
    私は思うのであります。
    井丸さま、大阪府民は分かっているようですよ。
    (清き一票よりも正しい一票を)
    ※訂正  橋下さんを「松陰」というのは褒めすぎでした…。
      (*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

    • たむら あきこ on 2015年5月12日 at 3:10 PM :

      茶助さま
      青くさい青年は白熱の文学談義。

      柳人はオトナなので、そんな無粋なことはしない。
      野球の話、女性なら食べ物の話など。
      そういえば、我々の瓦版懇親会でも川柳の話をほとんどしませんね~。超オトナの集まりだからかな。 (;^ω^)

    • 昌紀 on 2015年5月15日 at 12:09 AM :

      ありがとうございます。
      橋下は大阪が嫌いです。踏み台にするだけです。
      大阪をよくしたいのではなく、今回の住民投票に勝てば、ハシゲの目的は達成されます。
      彼にとって、「いわゆる」都構想は何かを達成するための手段ではなくそのものが目的です。
      彼が何を目指しているのかは不明です。いや、明らかです。
      負けたら、政界引退とか言って、お涙頂戴の浪花節で不利な状況を覆すつもりでしょうが、反対派は大人です。

      化けの皮どんどん剥がれてゆく市長

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K