Loading...Loading...

 

 

 

本日、起床したときから鼻がグスグス。いつもボ~としている頭だが、いつもよりボ~が強いような気分。(また二日酔いか…)と思ったが、14日には「川柳展望大会」の選を務めなければならず。「早目の〇〇」を3錠飲んで、昼前散歩にも行かず、閉じ籠っていたら昼過ぎ頃からスッキリしてきた。やはり二日酔いだったのだろう。

本日、和歌山県川柳協会主催の【全国誌上大会】の発表誌が到着。私が選んだ中から三才五客のみご紹介。今回の応募者は565名とのこと。

  【 天 】   永遠を探して海にたどり着く       山本希久子

  【 地 】   この先はどんな暮らしか冬の海      堀川 良江

  【 人 】   「海」とだけ書かれた古い道標      平井美智子

  【 佳 】   補陀落を目指した人も眠る海       河内谷 恵

  【 佳 】   海風がブランド米を甘くする       杉田三江子

  【 佳 】   サーファーを待つ北斎の波頭       麻井 文博

  【 佳 】   海のポストへジュゴンが入れた嘆願書   斉尾くにこ

  【 佳 】   珍しい奴と深海魚が睨む         山本 恵子

 

午後7時から公民館にて、同じ区域内にある「大山乳業」と「公害防止協定に基づく協議会」。要するに近隣住民から出した要望に対して、企業が「どのように対処したか」の説明。そして今年度の住民からの要望説明。大山乳業側からは常務以下5名。住民側は区長&班長など10名。難題などはなくトントンと進んで30分ほどで終了。

その時に頂戴したパンフレットに載っていたのが下記の記事(写真3)。また、写真12は【大山乳業】で検索して出てきたもの。

週刊誌で「日本一老けない牛乳」として取り上げられました! 2018年5月発売の週刊文春にて「日本一老けない牛乳は鳥取にあり!」の見出しで特集が掲載され、鳥取県の牛乳が注目を集めるとともに、白バラ牛乳の問い合わせが相次ぎました。(以下略)

本日、大事をとって散歩せず。家の中をウロウロ&公民館に出掛けただけ。2576歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 和歌山誌上大会発表誌 ~ 大山乳業”にコメントをどうぞ

  1. サスケ on 2019年4月11日 at 9:27 AM :

    「桃太郎伝説」
    『むかしむかし、あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。
    今では、どこにでも住んでいます』
    これは以前に書いたコントだったと思いますが、老けない牛乳のおかげで
    鳥取では、この話は通じなくなってしまいました。
    ※ 桃太郎伝説には、続きがあります。
    桃太郎は持ち帰った宝物で、爺さん婆さんのために豪邸を建ててやり、
    婆さんはエステに爺さんはカジノに・・・と楽しい毎日を送り送りました。
    おかげで二人は、すっかり若返って暮らしたのだそうです。
    勿論、老けない牛乳も飲んで。 バンザーイ♬ ((((o゚▽゚)o))) ♪

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年4月11日 at 10:53 AM :

      まいど!
      「老けない牛乳」は「白バラ牛乳」というブランド名で、大阪でも置いている売店には置いています。見つけたら是非ゲットしてください。たちまち半年ほどは若返ります。
      40年前の話。私がこちらへ引っ越してきたとき。初めて飲んだ「白バラ牛乳」がとてもおいしかったので、新聞の「読者投稿欄」に書いたら掲載されました。それを見た大山乳業の課長が訪ねて来られて、「とても嬉しかったです!」と大きなチーズを頂戴しました。久しぶりに、また書こうかな…(-_-;)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K