Loading...Loading...

 ファイル 283-1.jpg ファイル 283-2.jpg

写真は、魚見台からの眺望。空も海も、すっかり山陰の冬色。
左と右をくっつけて見てください。漁港は船磯漁港。
最近は、新しい山陰道を走るので、この魚見台のある9号線は通らない。鹿野大会の投句後、昼休みがたっぷりあったので、久しぶりに出かけた。片道10分ほどであった。
ここで眺望を楽しんでいた5台ほどの車はすべて、岡山、和泉、奈良など、県外車だった。

本日、9:45出発→10:30、会場の『山紫苑』着。
  
 【第29回 川柳塔鹿野みか月川柳大会】 出席者86名。欠席投句多数。

  乾杯のあいさつ五秒までのこと
  おトイレは四十ワットほどがいい
  あの世からそっと届いた月あかり
  ややこしいこの世斜めに泳ぎきる
  日本丸斜めになって耐えている
  いつも前向きお日さまのアドバイス
  太陽が神さま 解りやすくていい ◎
  この星にすがる六十五億人  ◎
  二重奏ときどき茶碗割れる音  
  
◎は『天位』の句。各題の天に賞があり(ダブル受賞はなし)、私は、第3位の『鳥取市教育長賞』をゲット。
どちらの句が対象なのか分からなかったが、『この星に…』の課題の『地位』の人が第7位を貰っていたので、たぶん、『この星に…』でゲットしたのだろう。
  



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K