Loading...Loading...

 

昨日のTV各局は「東日本大震災」の特集を組んでいた。その中で、家族を失った人のインタビューを見ていて、同じように洪水で家族を失った上村肇の詩を思い出した。下記のものは、拙著【川柳の理論と実践】からの転載(218~220頁)。

 

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~🚣~~~~~~

上村肇(かみむらはじめ)(1910~2006)は、洪水で4人の家族を失いました。その後再婚して子どもも生まれますが、その悲しみは10年経っても薄れることなく、ついに次のような幻想的な詩を生み出しました。原作も行を分けず、想いが拡散するのをおそれるかのように、言葉が寄り集まっています。情景が浮かんでくるように、ゆっくり読んでください。

 

    みずうみ    上村 肇

たけなす草をかき分けて 河にそった道を 幾日も幾日も私は歩いて行った 道のつきたところに大きな湖があり河も亦ここにつきているかと思われた この湖のほとりに私が探し求めた四人の家族が住んでいた 軒も柱も半ば朽ちた家の端居に 洪水で死んだ筈の昔の家族が 黒い羽織にくるまっている足萎の老母 目が大きくて偏平足で すこしばかり跛行をひく妻 大きな白い毬を胸のあたりに抱いた眼の細い娘 ジャンバーの前のチャックを半分外した九歳の息子 それらは不思議と 十年近い前の雨の夜に別れた姿と変わりなかった 私はこの湖に流れこんだ河水のように もうこの静かな世界から外部に出ようとは思わなくなった 夜は妻の差し出す手燭の灯を船の舳において 櫂を繰り独り湖心に出ては網を打った 朝は一面の朝霧の中を 灯を消した船に濡れた網をのせ その網の上に下手な私の船歌をのせ 毎朝 葦の間の水鳥の眠りの中を帰ってきた 静かなあけくれの或る日の午後 私は漁りの網の破れ目を拾っていた その網の上に珍しく人影がさし 顔を上げて見ると 一人は街に置いてきた二度目の妻であり 一人はその妻との中に出来た まだ幼い男の子であった 妻は何気なく通り過ぎて行ったが 男の子は私の前に立ち止まり「ママ パパはここにも居ないネ ママ 黒い蟹がいるよ 一匹 二匹 三匹 四匹 五匹いるよ 二匹は小さい蟹よ みんなこちらを見ているよ」と言って走り過ぎた その夜 よふけて湖には 少しばかり風が出た だが大したこともなく 静かな朝がきて 又静かな夜がきた

 

本日、予報通り快晴で最高気温も16℃ほどになったのではないか。写真は農道脇で満開になっていた彼岸桜。本日7,315歩。

 

   📢~~~中止!~~~~延期!~~~~中止!~~~~延期!~~~~~中止!~~~

 

下は現在までに受け取った句会や大会の中止(延期)情報です。総て把握していませんので、出席予定の会は主催者にお問い合わせください。(新着情報は赤色表示)(日程が済んだものは細字に変更)

3月5日(木) 川柳瓦版(大阪)

3月5日(木) 第33回 NHK学園全国川柳大会(東京都国立市)

3月5日(木) 川柳塔社月例句会(大阪)

3月7日(土) 第22回 彩の国川柳大会(埼玉県桶川市)

3月7日(土) 川柳塔まつえ(島根県)

3月8日(日) やまと番傘創立70周年記念大会(奈良県橿原市)(延期・日程未定

3月12日(木)岩美川柳会・月例句会(鳥取県)

3月13日(金)鹿野みか月川柳会・月例句会(鳥取県)

3月14日(土)番傘川柳本社句会(大阪)

3月15日(日)噴煙70周年記念大会(熊本)

3月15日(日)大山滝句座・月例句会(鳥取県)

3月19日(木)山陽カルチャー川柳教室(岡山)

3月20日(金)「残り福」月例句会(西宮)

3月22日(日)時事川柳大会(名古屋)(誌上大会に切り替え)

3月22日(日)第51回 宮崎市川柳大会(宮崎県宮崎市)

3月22日(日)うぶみ川柳会・月例句会(鳥取)

3月25日(水)まなびや川柳会・月例会(鳥取)

3月26日(木)川柳展望定例句会(大阪・豊中市)

3月28日(土)東葛川柳会(千葉)誌上句会に変更(詳しくは江畑哲男さんのブログで)

4月5日(日)春はくろぼこ川柳大会(鳥取) 7月5日に延期。

4月11日(土)きやり吟社100周年記念大会(東京)

4月12日(日)第24回・川柳展望全国大会(大阪)

4月19日(日)真庭川柳大会(岡山) 

4月19日(日)吉野ケ里川柳大会(佐賀)

4月19日(日)ふあうすと川柳社大会(神戸)

4月19日(日)「雑草」500号突破記念大会(香川県)

4月21日(火)のぞみ川柳会春句会in日光東照宮(東京)(6月に延期)

5月16日(土)宿場町やかげ川柳大会(岡山) 誌上大会に変更(4月末日しめきり)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 みずうみ ~ まなびや3月例会中止     くろぼこ大会は延期 ~ 宿場町やかげ川柳大会は誌上大会に変更”にコメントをどうぞ

  1. たむら あきこ on 2020年3月12日 at 9:10 PM :

    久しぶりにこの詩を読みました。
    この詩が、先生のご本の印象的な核になっているのね。
    こういう詩が川柳の本にそのまま入っているというところが、ステキ。
    作者も、きっと喜んでおられると思います。

    • 新家 完司 on 2020年3月12日 at 9:51 PM :

      ありがとうございます。
      この詩、忘れていましたが…。昨夜のNHKの特番だったか? 奥さんと3人の子供さんを失くしてしまった男性を見ていて、ふと思い出しました。

      この詩に出会ったのはどこかの文芸雑誌だったと思います。私の本に載せるとき、その雑誌のが縮小されていても表記が違っていても駄目なので、原本を探したら、幸いにもサイン入り初版がネットオークションに出ていたので迷わずにゲット。発行年月日、いま確認しましたら、昭和44年4月1日になっています。

        

    • 松浦英夫 on 2020年3月13日 at 1:36 PM :

      こんにちは。
      春近しを思わせる陽気ですが、コロナの所為か、心はなんとなくもやもやしています。
      毎月10か所ほど行く句会ですが、今月は一か所で終わりそうです。
      ところでみずうみ 上村 肇の詩を、UPされている画面は音声で読めませんので、ひさびさに録音している「川柳の理論と実践」で聞きました。
      自分の心の奥を詩にあるいは川柳にすると言うのは私には至難です。
      もがいていればその内、何か見えてくるのでしょうね?
      これを機会に時間はたっぷりありますので、「川柳の理論と実践」読み直してみます。

      • 新家 完司 on 2020年3月13日 at 2:09 PM :

        こんにちは~。
        そうですね。私も、ホームグランドを中止にしているのに他所へお邪魔するのは何となく申し訳ないような気がして、今月の出席はゼロ。4月もおとなしくしておこうかと思っています。
        川柳塔社の4月例会は7日の予定ですが、現在、役員の間で協議を進めています。もし、中止ということになりましたら、当ブログでもお報せしますが、英夫さんには電話でお報せしますので、3月と同じように山本さんと能勢さんに連絡をお願い申し上げます。

  2. 池見静男 on 2020年3月12日 at 10:17 PM :

    完司様

    歳を取ったせいかこの様な詩を最後まで読むことが出来なくなりました。
    涙もろくなったのか、涙で文字が見えなくなります。
    かみむらはじめさんありがとうございました。

    真っ青の空の写真ありがとうございました。

    • 新家 完司 on 2020年3月12日 at 10:58 PM :

      こんばんは~。私も涙もろくなりました。
      そういえば、先日の「チコちゃんに叱られる」で、「歳をとるとナゼ涙もろくなるのか?」というのをやっていました。ぼんやりしか覚えていないので、今ネットで確認しました。

      歳を取ると涙もろくなるのは、人生経験を積むことによって「共感度」が増してくるからとのこと。すなわち、共感できるポイントが増えて涙もろくなるとのことです。(感情を抑制する力も弱くなるのでしょうが…)

      ボケてくると共感度が薄れるハズなので、「涙もろいということはボケていない証拠」でしょうね。お互いに自信を持ちましょう!

  3. 長島敏子 on 2020年3月13日 at 2:52 PM :

    完司様
    こんにちは。ブログいつも楽しみに拝見させて頂いています。
    「やかげ川柳大会」も誌上大会に変更になりましたね。
    矢掛町は初めての場所ですし、ご一緒させて頂くのを楽しみにしていましたが~~~。
    昨日はまた、「第20回 春はくろぼこ大会」も7月5日(日)に
    変更との連絡が着きました。残念ですが仕方ないですね。
    3月に続いて4月初めの例会も中止にしたりして、その連絡に
    追われています。
    いつになったら普通に開催できるのか、淋しい限りです。
    またいつか~~よろしくお願い致します。
          長島敏子

    • 新家 完司 on 2020年3月13日 at 3:31 PM :

      こんにちは~。
      はい、矢掛町は広島の竹原や、鳥取県では倉吉などに似た、クラシカルな通りがある、落ち着いた町です。またの機会に出かけてください。
      「くろぼこ大会」、延期の件。連絡が来ましたか。これから当ブログでもお報せいたします。ありがとうございました。

  4. 長島敏子 on 2020年3月13日 at 7:28 PM :

    完司様
    ありがとうございます。また是非、宿場町矢掛町に出かけたいと思います。
    何か気が抜けてしまいました。しばらくゆっくり怠けようと思っていましたが、
    もう怠けるにも飽きてきました。時間があるから句が出来るというものでもない
    ですね。解かってはいましたが、改めて実感しています。
    この時間をどう楽しもうか~~~次は時間を楽しむことにしたいと思います。
            長島敏子   
              

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K