Loading...Loading...

本日、爽やかに晴れた気持の良い日であったが、散歩以外は終日デスクワーク。昨日到着した『川柳塔社・愛染帖』に取り組む。今月の応募者は249名。
本日の分は7月号に発表のためアップできず。5月号に掲載の内のベスト9をご紹介。

 【川柳塔5月号 愛染帖】

おばあさんになったらずっとおばあさん  大阪市 谷口 義(注・作者は女性)
(評)赤ちゃんから少女。少女から娘。娘から熟女。熟女からおばさん。おばさんからおばあさん。そして、死ぬまでおばあさん。

定年に魔法が醒めた顔になり   吹田市 穴吹 尚士
(評)上からのしごきと下からの突き上げにピリピリ緊張していた毎日。それは、にんげん性を否定された、一種の魔界とも言える。   

肩書をとれば缶蹴りした仲間   堺 市 大隅 克博
(評)肩書きが通じるのは所属している組織の中だけのこと。一歩外に出ればみんな平等。どこでも通じると思っている人が稀にいる。
           
自分にはだんだん甘くなっている   八尾市 生嶋ますみ
(評)反省!である。が、そのことを自覚しているだけで充分。自覚なく反省もなく、他者の欠点ばかりあげつらう人は珍しくない。           

東京へ行けば格差がよく分かる  香南市 桑名 孝雄
(評)大企業が少ない地方では、運転手つきのベンツで威張っている人はあまり見かけない。みんな似たような素朴な暮らしである。

マンホールの蓋にも花が咲いている   大阪市 米澤 俶子
(評)その気になればどこでも花を楽しめる。道端の野草にも可憐な花が咲き、マンホールの蓋にも町の花が鮮やかに描かれている。

妻との仲とりもつ固い瓶の蓋   唐津市 坂本 蜂朗
(評)口でも元気度でも妻には負けている。かろうじて頼りにされているのは腕力だけ。それさえ負けるようになったら…。

齢八十さて老人会へ入ろうか  安来市 原 煩悩児
(評)老人会に入るタイミングは難しい。「いや、まだまだ!」と言っているうちに疎遠になる。入れば新しい世界が開けるだろう。

三姉妹私のほかは認知症  東京都 岸野あやめ
(評)歳をとったら、旅行や芝居や映画を一緒に楽しみましょう。と語り合っていた姉妹だが…。まことに残念なことである。
           



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K