Loading...Loading...

 

我が国の人口最少県は「鳥取県」というのはご承知の通り(55万人余り)。そして我が琴浦町は僅か1万6千人余り。従って新聞の「おくやみ欄」に載るのも、鳥取市や米子市に比べると少ない。ところが、本日は4人も載っていてビックリ! そして、皆さんの年齢を見てまたビックリ! 105歳(女) 104歳(男) 94歳(女) 92歳(男)。  高齢化社会になってきたということ、頭で考えていてもピンと来ないが、この「おくやみ欄」を見たら「なるほどな~」と納得できる。

今夜も7時から晩酌チビチビやりながらテレビをチラチラ。本日のNHKTVの7時半からは「うたコン」(写真上)。肩が凝らなくていいので、半分スルーしながらも楽しんでいる。今夜のはバラエティー豊かだったが、中でも「夢の共演」ということで、古い世代と新世代のコラボをやっていた。その中で「春日八郎」が出てきた(もちろん映像で)ので、はて「誰が共演?」と観ていたら、相手は「三山ひろし」だったので納得。今の演歌歌手ではイチバンの美声だろう(春日八郎には勝てないが)。また、「杏沙子」という歌手が鳥取県出身ということも今夜初めて知った。テレビもたまには観ないと置いて行かれる。本日、昼前散歩と夕刻散歩(傘を差して)で7912歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

本日の「おくやみ欄」&「うたコン」”にコメントをどうぞ

  1. 松浦英夫 on 2019年6月12日 at 8:10 AM :

    おはようございます。
    訃報欄と言えば、田辺聖子さんもお亡くなりになりましたね。
    川柳を始めて「間もなく『道頓堀の雨に別れて以来なり――川柳作家・岸本水府とその時代』(を読みました。
    この本は、現在の川柳の流れをを教えてくれましたし、もとより読み物としても面白かったです。
    今では座右の書にしています。
    併せて、新家完司著「川柳の理論と実践」も座右においています。
    今日は、今から「草原」に行ってきます。
    草原に合わせたのかどうかは知りませんが、上皇も京都に滞在されているようですね。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月12日 at 9:20 AM :

      おはようございます。
      はい、「道頓堀の雨に別れて以来なり」、あれで水府師の人柄や交友関係のみならず「現代川柳」を広く理解して貰えるようになりました。
      その名著と私の本を並べていただいて畏れ多いことです。お陰さまで好評を得て、川柳教室の教材としても使われているようで、先日も7冊まとめてご注文いただきました。平成22年初版で平成30年に4刷に達しました。もうすぐ倉が建ちます(ほんまかいな…(-_-;)。
      体調、戻られたようで良かった良かった! 本日の京都は「曇りのち晴れ。最高気温26℃」の予報です。ゆっくりお楽しみください。

  2. 大田かつら on 2019年6月12日 at 9:17 AM :

     キャホー❗ヤッホー❗と叫びたくなる爽やかな陽射しの沖縄ですよ。
    ところで昨日柳友のお兄さんから龍ケ崎川柳誌上大会課題[あのころ]の選者になったので応援して欲しいとご案内が届きました。よく見ますれば琴浦町新家完司選も、あるじゃありませんかね⁉あまり多作も出来ない質なので臆することもありますが、こうなったら、ハチマキしてでもやったるぜよイエーイ❗何てね、、エイホエイホとインデアン躍りで乗りきり頑張りますかね❗ハァ、、溜め息もでるけれど、、かつら

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月12日 at 9:29 AM :

      おはようございます。
      本日の沖縄本島の天気予報は「晴れ時々曇り。最高気温28℃」ですね。こちらは「曇りのち晴れ。最高気温24℃」で、今は雲が多いですが薄日が差しています。暑くもなく寒くもなく絶好のコンディションです。

      龍ケ崎の誌上大会の案内、まだ届いていませんので、どなたが選者か分かりませんが、ご投句よろしくお願い申し上げます。締め切りの1か月前ほど前になったら、ブログで紹介させていただきます(あんまり早くやっても気合いが入らないし、忘れてしまうでしょうから)。

  3. くみ on 2019年6月12日 at 8:09 PM :

    完司先生 今晩わ✨
    先ほどから いきなりの 大雨❗ 大粒な雨です。それと雷❗
    凄い大きな 雷の音です。今にも どこかに落ちそうな音です。

    そう言えば 子供の頃 節分の豆を 神棚にとっておいて 初雷が鳴ったら 食べるってことやっていたなぁと 思い出しました。でも 今は豆が取り置きしてない。今度からそうしてみようっと。(笑)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K