Loading...Loading...

 

 

 

 

ときどき何やらアナウンスするマイ・プリウス。今日も今日とて、昼前散歩を終えてエンジンを掛けたら「道に迷うと燃料を無駄に消費します」と言うので、思わず「あたりまえやろ!」と突っ込んだ。半年に1度ほど、このような頓珍漢なことを言う。前回は大阪に出張したとき。初めての道を走った後だったので「道に迷ったと判断したか、すご~い」と感心した。だが、今日はいつもの道しか走っていない。運転状況を参考にすることなく、適当に言っているのだ。だが、AIがもう少し進化すると、ポイントを突いて注意してくるだろう。「早く免許返納してください!」と叱られる日も近いか…(-_-;)

写真13、本日のTVニュース画面。今月12日に開通した山陰道「青谷~鳥取西」に、道の駅いなば気楽里(キラリ)が、30日にオープンとのこと。「道の駅」や各地の土産物店を覗くのは好きなので、嬉しいことである。と言っても買うのは酒の肴ぐらいだが。  4、夕刻散歩にて。国道9号線沿いの廃業した喫茶店の店頭にあったマネキン。広げた手の平に何か乗せていたのだろう。繁盛していた店だったが、経営者が変わって(理由は知らない)からダメになって、とうとう廃業した。本日、昼前と夕刻散歩で7608歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 道に迷うと…”にコメントをどうぞ

  1. くみ on 2019年6月10日 at 10:20 PM :

    完司先生 こんばんわ~
    今日 ひざポン いちば~んでした❗  やった~☀
    それだけ確認して 場を外して 再度開いたら もう10人程でした。
    道の駅 最近は PRしているようですね。豊橋も一つ新たにできました。まだ 行っていません。賑やかすぎて…とか?? ほんとかな? 実家に行く途中なので 横目で 通りすぎますが、凄いな と 思ったばを見ていません。(笑)  最も時間が 6時くらいなので早くて 人がいない時間帯なんでしょう❗
    高齢者の事故 相変わらず多いのですね。気をつけたいものです。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月11日 at 10:41 AM :

      おはようございます。
      今朝は、月に1度の検診に行っていまして、返事がおそくなりました。
      ひざポン1番、パンパカパ~~ン! おめでとうございま~~~す!
      もう27ですね、サンキューべりマッチ!元気が出ます。

      高齢者の事故、最近、急に増えてきましたね。高齢化社会を迎えて、車のメカそのものから対応してもらいたいものです。後から装着するのは出ているけど、新車購入のとき「高齢車仕様」として。

  2. 大田かつら on 2019年6月11日 at 8:47 AM :

     沖縄は今日も小雨曇り、梅雨明けしない日々がこうも続くと、少しうっとうしい気分になるけれど、それを払拭するべく、ベートベンの曲を聴きながら、書棚にずらっーとならんでいる川柳マガジンバックナンバーを、整理して断捨離でもするかと手に取った。ふとよぎったこと、あまり読みもしないで破棄するのは、いかがのものか⁉せめてお世話になっている完司先生の記事だけでも片っ端から読むのはどうか⁉思ったとたん、ビビっときたからたまらん、夢中で読み更けていたら朝になっていましたよ。私は短期決戦型だから、止められない止まらない、、が、効いてきました。その中でも[林ふじを]作品を語っている箇所では、[へぇ、なるほど川柳作品を通して完司先生の人柄をほんの少し垣間見たように感じ入りました]まだ全部は読んでいませんので梅雨明けはもう少し先でも構わないですね。かつらより

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月11日 at 10:47 AM :

      おはようございます。
      私の文章を読んで頂いてありがとうございます。「どんなだったかな?」と思って読み返そうとしましたが、連載している「名句を味わう 理論と鑑賞」にはなかった?ようです。これに取り上げた作家名は五十音順で記録していますが、いま見ても「林ふじを」はありません。書き落としたのかな? それとも違うコーナーでしょうか。すみませんが、センマガの何月号の何ページがお教えくださいませんでしょうか。お願いします。

  3. 大田かつら on 2019年6月11日 at 1:14 PM :

     長らくお待たせ致しました。完司先生に旦那さんを大切に❗と、言われのをきっかけに、隣の那覇市へブランデーのレミーマルタンxoを買いに出掛けていました。今夜は旦那さんにサービスする為ふんぱつしたのですけど、、。代金の12752円はヘソクリから出しました。はてさてどうなりますやら乞う御期待ください❗なんちゃってウフフのフ、、。
     まあ、、そんな戯言より完司先生のお尋ねの件ですよね。
     2003年3月号50頁近代川柳作家作品合評[林ふじを作品研究]です。16年前には理解出来なかったと思いますが、今は納得出来ますね。[古きを訪ねて新しきを知る]に、至った次第です。では、、ごきげんよう❗かつらより

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月11日 at 2:43 PM :

      ありがとうございました。お手数をおかけしました。
      何とまあ16年も前のことですね。さっそく書棚を見ましたらキッチリありました。合評の他の5名は、いとう岬・久保田元紀・雫石隆子・津田暹・尾藤一泉の各氏。元紀さんは、先日亡くなられた半蔵門さんの弟さんですが、兄さんより先に亡くなられています。目次を見てもページを繰っても、亡くなられた方が目につきますね。「時事川柳」の選者、柏原幻四郎・尾藤三柳、お二人の大先輩も…。まさに往時渺茫です。

  4. くみ on 2019年6月11日 at 5:47 PM :

    完司先生のお宅には どれだけの本が 並んでいるんでしょう。大変❗です。
    整理も もちろんですが、捨てる訳にはいかないし…。どのように 整理されているんでしょうか?

    • みほ on 2019年6月11日 at 5:55 PM :

      くみさん

      こんばんは〜同感です。
      16年前の資料がすぐ出てくるって凄いことですね。

      • 完司 on 2019年6月12日 at 6:40 AM :

        くみさま、みほさま、
        自室の書棚、壁の1面だけでしたが、足りなくなって、和室を洋室にしたとき、押し入れを壊して全部書棚にしてもらいました。でも、またあふれて床に積み上げています。センマガなどの月刊(季刊)冊子は順番に並べているのですぐに出てきますが、単行本は捜すのに苦労します。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K