Loading...Loading...

 

 

 

また、ひと月が流れ去って、各ウエブ句会のご案内をするタイミングになってきました。それぞれ投句料は無料ですので、お気軽にご応募ください。また、マラソン川柳の瓦版主催「咲くやこの花賞」のご案内も致します。こちらは応募料が必要ですので、送金先もご案内いたします。  写真上:本日、昼前散歩にて。総合公園の遊歩道で出会った花々。 1キンシバイ。2ヤマボウシ。3アジサイ。本日、昼前と夕刻の散歩で7382歩。

 

~~~~~~~~~~📡~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

    【鈴鹿インターネット句会】

課 題   「 眩しい 」

締 切   6月15日・午後8時厳守

選 者   西山竹里  青砥たかこ (共選)

投 句   「鈴鹿川柳会」を検索。「インターネット句会」をクリック

発 表   締切後5日以内。

 

     【 川柳塔WEB句会 】

課 題   「 何か 」

締 切   620日付変更まで。

選 者   なかはられいこ  川上大輪 (共選)

投 句   矢印右をクリック&「川柳塔WEB句会」をクリック。⇒ こちら

発 表   締切後5日以内

 

     【 川柳展望ネット句会 】

課 題   「 育つ・育てる 」

締 切   630日。午後8

選 者   偶数月は互選

投 句   「川柳展望社」を検索。「ネット句会」をクリック。

 

    【毎週web句会】世界で1つの「毎週web句会」

日曜日~土曜日の投句について、翌週木曜日前後に結果を発表。

毎週web句会 詳細は矢印右をクリック ⇒ トップページ 

     

     ・・・咲・・・く・・・や・・・こ・・・の・・・🌸・・・賞・・・

 

     【 咲くやこの花賞 】

年間の入選句数で競う【マラソン川柳】、瓦版主催の【咲くやこの花賞】、今年度の第5回目の課題と選者をご紹介いたします。初めての方も奮ってご応募ください。

ハガキに2句。投句先:〒532-0033 大阪市淀川区新高6-7-5 靍田寿子

第5回「 計る 」 中前棋人選  6月20日必着

投句料(掲載誌代を含む)1年分2,000円

送金先: 〒547-0006 大阪市平野区加美正覚寺3-5-5-304 立蔵信子



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ウエブ句会、いろいろ”にコメントをどうぞ

  1. くみ on 2019年6月12日 at 8:48 PM :

    完司先生 今晩わ✨
    先ほど コメント入れていました。閉じようとしたら 写真が変わっている。あれっ? 開いてみると なんと 「ひざポン 0」ではないですか❗ やったぁ またまた いちば~んでした。うれしいな。

    雷が凄い。ああ そう言えば 子供の頃 雷がなると 節分の豆を食べたっけ…。節分の豆を取っておいて(升にいれて 神棚にあげてあった) それを たべたものでした。ソウスルト おへそをとられないとか 病気しないとか …。今度やってみようっと。(笑)

    • くみ on 2019年6月12日 at 8:51 PM :

      コメントが 一部 重複していたようですね。

      • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月12日 at 9:49 PM :

        こんばんは~。
        いつも有り難うございます。ちょうど、11日のブログにコメントをいただいている間に更新が進んでいたようですね。

        雷が鳴ると節分の豆を食べる? そうするとお臍を取られないとか病気をしない?? それは聞いたことがありませんね~。たしかに「ヘソ隠せ~~~!」とかは言われましたが…。
        それはそうと、あの大豆、とても身体に良いそうですね。先日のテレビでも「大豆パワー」やっていました。どんどん食べましょう!

        • くみ on 2019年6月12日 at 10:28 PM :

          ネットで 検索してみてください。他の地方でも 習慣が あるようです。(笑)

          • 完司 on 2019年6月13日 at 5:51 AM :

            は~い、調べました。そういうこと、している所ありますね。
            「鬼を追っ払う豆」なので、食べたら雷さんにも効いて「臍をとられない」「雷がおちてこない」ということなのでしょう。

  2. 大田かつら on 2019年6月13日 at 9:29 AM :

     [咲くやこの花]のタイトルはなんて素敵なんでしょう❗心地よく響いてきましたよ❗
    ところで、昨夜は川柳マガジン2016年6月号38頁、完司先生のコメントの末尾、伝統、革新、右派、左派など、すべてを結びつける[核]としての役割を期待しています。この記述に共感です。人間関係にも当てはまることでは無いでしょうか⁉
     サークルでもあの人は嫌いなんてね顔を背ける会員には、この記事をコピーして渡したいと思います。悪しからずその旨宜しくお願い致します、、曇り空の沖縄にて、、

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年6月13日 at 10:23 AM :

      こんにちは~。
      「咲くやこの花」のいわれにつきましては、ウィキペディアに載っていますので、検索してください。古今和歌集の「難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」という歌からのようです。大阪市の「浪速区」や「此花区」も、この歌からの引用とのことです。また、大阪市も優れた文芸活動などに対して「咲くやこの花賞」を設けています。

      センマガ2016年6月号、引っ張り出して読みました。センマガ15周年への寄稿文ですね。これを見て驚いたのは、私の次に載っている「両川洋々」「藤原鬼桜」共に他界しているということ。お二人とも私よりも年下で親しくしていました。あれから僅か3年なのですが…。

  3. 大田かつら on 2019年6月13日 at 10:39 AM :

     古今和歌集でしたか?美しい表現を今一度学ぶきっかけになり、嬉しいですね。
    日本語のもつ美意識にはいつも唸るばかり、、唸るばかりでその先を行けないままのレベルではダメですよね⁉何とかしなければ、、実践あるのみ❗さて図書館へ行ってみますかね⁉

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K