Loading...Loading...

 

掲題の件、チラシの写真通りですが、応募先など下に箇条書にさせていただきます。柳歴不問、参加費無料ですので、皆さん奮ってご参加ください。

応募要項 裏面の専用投句用紙を使用して。

  1. あなたの雅号(ふりがな)・本名・住所・電話番号
  2. 平成元年~平成31年2月15日までに発表または作句した自作品1句。※作品は原則として、専用用紙のみで受付(コピー可)※出版に関し掲載作品の著作権は著者、版権は小社に帰属します。
  3. ※既発表作品は、作者に著作権のあるものでお願いします。
  4. 下記の川柳マガジン編集部までお送りください。既発表・未発表不問。

参加料 無料

原稿締切 2019年2月20日(水)当日消印有効。

発行日  2019年初夏を予定。

発行体裁 四六判(またはB6)の一般体裁の単行本を予定。

予 価  1,944円(本体1,800円+税)※ご購入は強制ではありません。

参加者で先行予約でのお申込みは税込み1,600円(送料サービス)(代金は送本時に請求致しますので、事前にお支払いにならいないようにお願い致します)

お申込先、お問い合わせは新葉館出版まで。

〒537‐0023 大阪市東成区玉津1-9-16 4F新葉館出版内

      川柳マガジン編集部「平成最高の川柳集」係

      TEL 06-4259-3777  FAX 06-4259-3888

主 催  川柳マガジン(新葉館出版)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

本日も快晴で暖かだった。最高気温も予報通り14℃ほどになっていたのではないか。  写真上2つ。昼前散歩の総合公園外周の農道にて。本日、昼前と夕刻散歩で8155歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

平成最高の川柳集 ~ 本日も快晴で暖か!”にコメントをどうぞ

  1. take take on 2019年2月7日 at 1:38 AM :

    いつもお世話になっております。
    「平成最高の川柳集」のご案内、ありがとうございます。

    平成生まれの名句を1冊にまとめるプロジェクト、
    記録としてながく読み継がれる本にしてまいりたいと思います。
    締切までもう少し日がありますので、お待ちしております。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年2月7日 at 5:01 AM :

      大山滝句座の皆さんには応募用紙をお渡し済みですが、山陽カルチャーの例会日が21日ですので「2~3日ご猶予を!」と御社事務所にお願いしています。

      編集部のブログ拝見。週末は松山へご出張とのこと。パワフル~~!!
      本日、私は「川柳塔社月例会」で大阪。たまにはのんびりJRでと、これから着替えて出発です。帰路の「独り宴会」が楽しみ~(それだけか~~い…(-_-;)。

      • take take on 2019年2月7日 at 4:02 PM :

        完司先生

        ありがとうございます!
        先生のほうが はるかにパワフルです(^_^;) 
        ひとり宴会、私の場合はアルコールがスイーツになりマズいです 汗
        先生に1センチでも追いつけるよう頑張ります☆

  2. たかこ on 2019年2月7日 at 12:26 PM :

    出したいけど
    「川柳マガジン」やめちゃったから
    ちょっと厚かましいですね。

    盛会(というか?)をお祈りします。

    • 完司 on 2019年2月7日 at 3:12 PM :

      えらい遠慮深いことで、、、そんなこと気にせず参加して下さい。
      いま、川柳塔2月例会の真っ最中。披講を聴いています。

  3. みほ on 2019年2月7日 at 7:05 PM :

    完司 先生

    暖かく快晴の空気が伝わってくるような写真ですね。
    それにしてもこの広い空間に人の姿がまったく見えないですね。
    平成最高の川柳集 頑張って参加しようと思います。
    紹介して下さってありがとうございました。

    • 完司 on 2019年2月7日 at 7:34 PM :

      こんばんは~、いま大阪からの帰路、智頭駅の手前あたりです。独り宴会も佳境ですが、「ネェチャン、もう1本!」と言っても誰も持って来ません。仕方ないので、黒霧ワンカップの残り、もう1本、大切にチビチビやりま~~す。

      写真、いつも人間や車が入らないように注意して撮っています。人間が入ると、トタンにブリキでつまらなくなりますからね~。でも、それほどの注意をしなくても、2つ目の田園風景で人に会ったことはありません。超過疎地です! あっ、いま智頭駅に着きました。が、周りは暗いですね~。拙宅の浦安駅といい勝負です。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K