Loading...Loading...

 

川柳塔5月号は【春の川柳塔まつり誌上大会】の発表号となっている。目を凝らして再再読したが、私のはやっと1句だけだった。

  人間が造った街が寒すぎる

選者2名による共選ではあるが、応募者が622名なので狭き門なのは仕方がないところ。成績などより発表誌が勉強になりますので、来年もまた多くの皆さまのチャレンジをお持ちしています。取り敢えず、各選者の秀句2句ずつをご紹介いたします。          本日、昼前散歩は少しだけ。晴れてきた夕刻に頑張ったが目標の7,000歩に少し及ばず6,672歩。写真は午後5時40分の夕刻散歩にて。農道横の芝畑。

 

【第六回 春の川柳塔まつり誌上大会・各選者秀句】参加者622名。

 

  江畑哲男選【 つくる 】

   うかうかと生きて虫歯をふやしてる    中井アキ

   難しいが二十五時間目をつくる      立蔵信子

  居谷真理子選【 つくる 】

   脳外科の名医のハサミ日本製       柳本君代

   神様の領域ですよ なりませぬ      森田旅人

  天根夢草選【 力 】

   豆腐切る力のようなものが要る      吉田陽子

   側近が隠す寝首を掻く力         西山竹里

  古今堂蕉子選【 力 】

   挑戦の螺子に力んだあとがある      武本 碧

   コスモスのような女房が頼りです     辻 直子

  矢沢和女選【 雑詠 】

   声援が聴こえたプリズムになった     赤松ますみ

   音もなく散る花のあり人のあり      伊藤玲峰

  小島蘭幸選 雑詠 】

   総理にはなれぬ知性が少しある      日野 愿

   学歴のかわりわたくし本を読む      中野妙子 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 川柳塔誌上大会・発表号”にコメントをどうぞ

  1. 江畑 哲男 江畑 哲男 on 2018年5月3日 at 9:29 PM :

    こんばんは。
    貴社の誌上大会。大変な数の応募でしたね。川柳塔さんの勢いを感じました。
    小生、一生懸命に選をさせていただきました。いま改めて、読み返しております。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年5月3日 at 10:04 PM :

      こんばんは~。
      いや~、この度は大変お世話になりました。600名を超す選、大変だったでしょう。おかげさまで予定通り5月号に発表できました。
      皆さまの選句結果、これから折にふれて勉強させていただきます。

  2. 宮本 信吉 on 2018年6月13日 at 10:52 AM :

    川柳塔第6回誌上大会結果の5月号手に入りました。ここは隔年ごとに入選が今までの例、今年は抜ける年、3句ぬけました。完司先生は川柳展望にも作品を出しておられるので、いつも参考にさせてもらっています、一つ、伺いしたいことがあります。現代川柳大賞10句一組の作り方ですが、自分の書いた随筆を元に作るのは間違いでしょうか?

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K