Loading...Loading...

 

 

川柳マガジン7月号には、懸賞川柳2022【弥生賞】の発表あり。選者30名の合計点による結果は、7月号をご覧いただくか、右下のバナーが【弥生賞 入賞発表】に更新されてからご確認ください。ここでは私の選によるベスト13をご紹介致します。

なお、2022【水無月賞】課題【箱】の締め切りは6月30日(消印有効)です。2日ありますので、まだの方はお急ぎください。また複数応募可ですので、すでに投句された方も再チャレンジでして大賞10万円をゲットしてください。応募用紙は右の【水無月賞】バナーをクリックでプリントアウトできます。

 

懸賞川柳2022【弥生賞】応募3,992句。課題【外】新家完司選の内ベスト13

【 天 】  外が好き風がきれいにしてくれる   河崎  章(滋賀)

【 地 】  学生の頃から好きな窓の外      細田千恵子(鳥取)  

【 人 】  輪の外もいいものですよ春の風    小野川町子(高知)

【秀 1】  大物はいつも投網の外に居る     常國 喜好(広島)  

【秀 2】  外へ出ましょう古い翼を繕って    今井 和子(滋賀)

【秀 3】  謙虚さを育ててくれた外の風     きさらぎ彼句吾(青森)

【秀 4】  想定外続くこの世を闊歩する     新庄 芳春(広島)

【秀 5】  鬼は外 地球が人に豆を打つ     北出 北朗(大阪)

【秀 6】  外様席雲の流れがよく見える     菊地  京(青森) 

【秀 7】  ゆっくりと私になれる外は雨     今井 和子(滋賀)

【秀 8】  ドアノブの冷たさ温さ外回り     稲沢ひろせ(千葉)

【秀 9】  殺戮を見つめるだけの外野席     深見多美夫(長野)

【秀10】  春だから外す心のカットバン     齊藤美恵子(愛媛)

 

昨夜の天気予報を見ていると、向こう1週間はマークばかりだった。「はて、梅雨明けか?」と思っていたら今朝のニュースで「中国地方も梅雨が明けた模様」と言っていた。冬よりも夏の方が好きではあるが…。長い夏になりそうである。

写真、昼前散歩の農道にて、飼料用トウモロコシが2メートルほどに育っていた。、今日のラズベリー。通りがかりに5粒ほど頂戴。甘酸っぱくて焼酎のように元気が出た(ほんまかいな…(-_-;)。 〔仕事と歩数〕センマガ「名句鑑賞」。5,158歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

懸賞川柳2022【弥生賞】発表 ~ 梅雨明け!”にコメントをどうぞ

  1. 由紀女 on 2022年6月28日 at 8:05 PM :

    完司先生こんばんは、毎日暑い日が続いています。農道は17時に35度でした。特に津山は暑いのかも知れません。
    体調にお気をつけくださいませ。

    • 完司 on 2022年6月28日 at 8:46 PM :

      こんばんは~。
      今日も暑かったですね~。津山も暑いでしょうが、鳥取も暑かったです。
      今年は「梅雨寒む」を体感しないうちに上がってしまいました。
      史上最速で上がったということは、夏が長いということ。くれぐれもお大事に~~~!

      • 由紀女 on 2022年6月30日 at 8:56 PM :

        ありがとうございました。あっという間に梅雨明けです。水道代も高くつきますが、仕方ありません

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K