Loading...Loading...

 

 

 

6月9日(土)、朝8時19分発の米子行きに乗車。伯耆大山駅にて、特急「やくも」に乗り換え。岡山駅でゆっくり昼食。のち、備中松山城(高梁城)を見学してきた凱夫さんと哲也さんと合流。新幹線「さくら555」に乗車。この列車には熊本大会へ出席する顔見知りの人が多かった。熊本駅を出た所で恵美子先生と鈴木順子さんとホテルが同じ方向なのでタクシーにて同行。途中、復興中の熊本城にも寄ってもらって写真パチリ。上3枚。

私は「東横イン」にて2泊。小休止してすぐ近くの国際ホテルの懇親会場へ。懇親会の参加者300名超。会場も広いので、あの人この人、ご挨拶したい人もいっぱいだが、思うようにできず。各表彰式のあとようやく乾杯! 待ち兼ねて喉が渇いていたのでビールがすこぶる旨かった。のち、芋焼酎のお湯割り。のち、ビールを注いでくださったらビール。2種混合ガンガン。アバウト2時間談笑。2次会は地元の羅天さんのご案内でカラオケスナックへ。紋章さん、流青さん、お連れのご婦人、私の5人で。飲んで歌って、3次会は「点数の出るカラオケへ」ということで、ここも羅天さんの行きつけのスナック。ここでも飲んで歌って、終了は11時半ごろ?ホテル帰着は12時過ぎ?もちろん、風呂にも入らずバタンキュー。

 

 

10日(日)、ゆっくり朝食を摂って、170円均一の市電に乗って(写真上)大会会場の市民会館に着いたら、すでに「日本川柳協会総会」が始まっていた。が、現地スタッフのご丁重なご案内をいただいて会場へ。のち二次選者室へ行って待機。二次選者は5名にて、ジュニアの秀吟9句と、一般の部の秀句21句を審議して賞を決定。一般の部の発表はすべての披講が終了してからであり、予定より40分ほど遅れてしまったが、無事に全行程終了。文部科学大臣賞は山梨の小林信二郎さんがゲット! 川柳塔社同人の平井美智子さんも「大会賞」をゲット! 皆さん、おめでとうございます!

   フクシマの草へ言い訳などするな   小林信二郎

   円卓のどこへ座ってみても風     平井美智子

終了後、蘭幸さん、文切さん、和女さん、美智子さん、5人で銀座通り?の酒場で飲み会。軽く1時間ほど。のち、カラオケ(ビッグエコー)を予約してくれている夕介さんと合流。蘭幸さんは他の予定がおありのようで別行動。カラオケの部屋は広くて参加者17名。大きな賞をゲットした信ちゃんも来ていて大盛り上がり!飲んで歌ってワイワイ。3次会は和女さん美智子さんが「おいしいラーメン屋がある」とお勧めの中華料理屋。餃子を頼んで焼酎湯割り。ラーメンは2杯頼んで4人で食べる仲の良さ…(-_-;)。ホテル帰着は10時半? 写真下:酔っぱらい2人組に絡まれて弱っているミントの王子様。

 

 

11日(月)、ゆっくり朝食を摂って、水前寺公園を散策してから帰ろうと、重たいバッグは宅配便に依頼して身軽になって10時出発。市電に乗る前は小降りだったが、水前寺公園前で降りた時からザンザ降り。入園料を払って中へ入ったとたんに雷鳴を伴って大雨。お土産店で雨やどりしていたら、まみどりさんやますみさん、西恵美子さん哲也さん凱夫さんらのグループとバッタリ。これから阿蘇の草千里へ寄ってから空港へ行くというので、熊本駅までジャンボタクシーに乗せていただき、駅でバイバイ。たかこさんも一緒に降りたが、急げば11時11分の「つばめ」に間に合うかもと階段を駆け上がって、たかこさんとバイバイになってしまった。ごめ~ん!  写真下:水前寺公園にて。せめてブログダネの写真ぐらいは撮らねばと、少し小降りになったとき、傘をさしてパチリ。

 

 

 

岡山駅へ予定より3時間以上も早く着いたので、早い「やくも」で帰ろうかと思ったが、せっかくの休日(私の休日)なので映画でも観るかとスマホでチェックしたら、山田洋次監督の「妻よ薔薇のように(家族はつらいよⅢ)」の上映時間がピッタリだったのでそれに決定。何の予備知識もなく観たが、まずまず退屈せぬ程度には楽しめた。ただ「亭主関白」の亭主があまりにも旧時代的ガンコさでオーバーに描写されていて「今ごろそんなヤツおらんやろ」と何度も心の中で突っ込んだ。だが、主人公を演じた夏川結衣は存在感があって良かった。

映画終了後、高島屋地下で弁当を、駅のコンビニでビールとツマミをゲットして、17時04分発の特急「やくも」に乗車。ひとり宴会を楽しみながら…。帰着は午後8時30分。お世話になりました皆さま、声をかけてくださいました皆さま、お付き合いくださいました皆さま、サンキューべりマッチでした! おかげで楽しい2泊3日でした!

写真下:ひとり宴会。弁当はデパ地下でゲットした「黒毛和牛コロッケと牛めし」。「お~い、お茶」のペットボトルの中身は焼酎。8日夜に和女さんと美智子さんが2人宴会をしたとき、ボトルの底に残ったのを「完司さんへのお土産!」とわざわざボトルごと持ってきてくださったもの。そういえば数カ月前にも同じように貰った。それもピッタリ同じぐらいの量。ボトルのままでは重たいので、ホテルでお茶のペットボトルに詰め換えた。280ml入りの上が空いていたので、220mlほどか。それでもストレートで飲んだら結構効いた。それにしても2人で500mlを飲むとは凄~い!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

全日本川柳2018年熊本大会 ~ 映画鑑賞”にコメントをどうぞ

  1. 田辺 与志魚 on 2018年6月12日 at 7:06 AM :

    大会役員アンド各種宴会お疲れさまでした。おかげさまで楽しい熊本を満喫出来ました。熊本の皆様にも手厚いオモテナシを賜り、感謝です。頑張りがひしひし伝わりましたねェ。ありがとうございました。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年6月12日 at 7:58 AM :

      おはようございます。遠路ご苦労さまでした。
      はい、少し進行時間が遅れましたが、地元スタッフの皆さまの頑張りで、盛会で素晴らしい大会になりました。懇親会も大勢で、お話し出来ず失礼しました。また、どこかで!

    • 松田夕介 on 2018年6月13日 at 8:46 AM :

      熊本ではありがとうございます。川柳大会も盛会だったので楽しかったですね。
      カラオケにもお付き合いいただき喜び加速しました。美女二人とも再び引き合わせていただき文切さんまで感謝です。
      来年の浜松もよろしくお願いします。翌日のツアーを考えてお待ちしています!

      • 新家 完司 新家 完司 on 2018年6月13日 at 9:01 AM :

        こちらこそ、カラオケをセッティングしていただいたおかげで皆さまとも再会できて、愉快なひとときを過ごすことができました。サンキューべりマッチでした。
        来年の浜松大会。今から楽しみしています。また、何かとお世話になりますが、よろしくお願い致します。

  2. 竹内いそこ on 2018年6月12日 at 3:55 PM :

    完司様 お疲れ様でした。
     またまたお目にかかれて、しかも覚えていて下さってうれしかったです。
     次にお会いできるのは秋ですね。寒くなって鰤とズワイガニの美味しくなるころに・・・・
      ねんりんピック髙岡大会でお待ちしております。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年6月12日 at 4:31 PM :

      遠路はるばるお疲れさまでした。
      もちろん、覚えていますよ。男性の名前は忘れるようにしていますが、別嬪さんの名前は忘れないように努力しています…(-_-;)。

      【ねんりんピック富山】募集句の締め切りが15日に迫ってきましたので、本日のブログ更新のときにPRさせていただきます。また、大会当日には何かとお世話になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  3. くみ on 2018年6月12日 at 5:03 PM :

    お帰りなさいませ❗
    熊本 行きたかったけど 残念でした。
    皆さんの楽しそうな様子が 伝わって来ます。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年6月12日 at 6:34 PM :

      は~い、楽しかったですよ。でも、選者は投句できない決まりなので、その点はチョッと張り合いがありませんでした。
      秋の国民文化祭は大分県の別府です。湯治を兼ねてお揃いでいかがですか。事前投句は7月20日締め切り。大会は10月21日です。

  4. 鈴木 順子 鈴木 順子 on 2018年6月12日 at 10:48 PM :

    完司さん、お世話をかけました。
    実は、私たち母娘は、さくらでの約3時間を、弁当をいただきながら、ビールで乾杯などをいたし、ほろ酔っておりました。なめらかな口は、もっともっとなめらかになっていて煩かったかと・・・楽しいひとときを有り難うございました。

  5. 新家 完司 新家 完司 on 2018年6月13日 at 9:06 AM :

    はっはっは、熊本駅に着いたときはホロ酔いでしたか。
    ご一緒に熊本城へ行けたこと、ラッキーでした。私は11日に見学する予定でしたので…。当日は凄い雨で水前寺公園だけでもチョコッと見ただけ、とても熊本城の上まで行く気力はなかったでしょう。またどこかでバッタリ、お会いしましょう!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K