Loading...Loading...

 

 

本日、届いたばかりの弓削川柳社の会報【紋土7月号】を拝読。静さんの〔編集室から〕を見てギョ! 「今年は事前投句締め切りが6月末日なのでお急ぎを…」と書いてある。封筒に宛名を書いて切手を貼って、と準備しただけで安心して、そのまま放置。誌上大会ばかり気にしてすっかり忘れていた。慌てて3題×2句=6句、スチャラカな句でも参加することに意義ありと夕刻に投函。そのまま散歩に出て、帰宅してからまた再読。32頁の「もむら屋」と題した長谷川紫光さんの文章にまたビックリ! 内容は、「もむら屋さんが6月末日にて閉店することになった」ということ。創業者の山田止水さん、奥さまの福世さんお二人には親しくしていただいた。「もむら屋」名物の「川柳煎餅」や「川柳饅頭」をお土産にしたら「珍しい」と喜ばれたこともしばしば。福世さんは平成15年にご逝去。止水さんは平成26年に亡くなられている。往時渺茫、淋しい限りである。

写真上、こども公園の横に建設されていた「トイレ」が完成。昨日、通りかかったら壁に可愛い絵が描いてあって、「ブログネタに写真を…」と思ったが、子どもや若いお母さんがたくさんおられたので「不審者!?」と誤解されてもいけないのでスルー。      今日は誰もいなかったのでパチリ。下は、そのクローズアップで「男子トイレ側の絵」、「女子トイレ側の絵」そして「南側の壁の絵」。それぞれの絵は、すぐ近くの【やばせこども園】の子どもたちが描いたのを拡大したもの。よく見たらブランコとか滑り台とか、すぐ横の「こども広場」のスケッチなのだろう。本日、昼前と夕刻、雨はパラパラだったので傘を持って散歩したが、少し差しただけだった。7320歩。

 

 

 




この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K