Loading...Loading...

 

川柳塔おきなわ準備室のサイト(管理・森山文切)が、アクセス数30万回に到達。その記念として下記要項で記念句会を実施しています。皆さま奮ってご応募ください。

 

    【川柳塔おきなわ準備室30万回アクセス記念句会】

自由吟   2句まで。未発表句。投句無料。

選 者   真島久美子  月波与生  森山文切  3名共選

締 切   2017年12月31日

★ 没か入選かに関わらず、全投句者の句と作者名を公表します。同意いただける方のみご投句ください。詳細な説明と【投句フォーム】は下の右端をクリックしてください。            川柳塔おきなわ準備室サイト  トップページ 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ひと足早く冬が来たような寒い日が続いていたが、昨日あたりから寒さも緩み、今日は春のようにウラウラと気分の良い快晴。明日はもっと暖かくなって、鳥取では最高気温20℃の予報。「晴れの国」岡山では16℃の予報なのでフェーン現象なのだろう。

写真①、昼前散歩の総合公園遊歩道と芝生の広場。②、好物のを食べた跡。熟柿のように柔らかくなった柿のヘタの部分をカットしてギザギザのついたスプーン(グレープフルーツ・スプーン?)で掬って食う。これがベリーグーで夕張メロンより旨い! などと言うと夕張に叱られるか…(-_-;)  下に敷いたM新聞の記事はスウェーデンの現代決済状況。「スマートフォン決済アプリ」で支払うシステムが行き渡って、若者の95%はスマホ決済とのこと。そしてついに「現金お断り」というパン屋まで出現。「お金に触れないので、衛生的にパンを扱える」とのこと。ITについて行けない高齢者は困っているらしい。日本でも近いうちにこのようになるのではないか。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 30万回アクセス記念句会 ~ まるで春”にコメントをどうぞ

  1. しげき on 2017年11月27日 at 8:58 PM :

    スエーデンでのスマホ決済の普及。
    興味深く拝見。
    中国旅行帰りの友人の話。
    中国では、乞食へのチャリンもスマホ決済とのこと。
    乞食がスマホを持っているそうです。
    (ボキャヒンのため乞食に代わることば知りませんので
     失礼)

    • 新家 完司 on 2017年11月27日 at 9:34 PM :

      こんばんは~。
      中国でもそのようになってきましたか。(まあ、都市部だけなのでしょうが…)スウェーデンでも寄付とか布施などもスマホ決済と書いてありました。
      最近は、それに加えて「ビットコイン」など、さっぱり分かりません。えらい世の中になってきました。まあ、私が居る間はまだ「現ナマ」が有効であろうと安心していますが…。

  2. 信ちゃん on 2017年11月28日 at 5:33 AM :

    へ~ホントけ? じゃ~賽銭箱も無くなって、カード決済となるの? じゃ~「火葬場」も
    「ヤクカ」(火葬用カード)でタッチすると・・点火するわけ?
    昔「賞与袋」から・・ピン札の一万円札を、クラブの姉チャンの胸元に差し込んだ・・・そして・・チョット「触れた」あの感触が今でも忘れない!あ~あ~あ~「現ナマ」はいいな~!

    • 新家 完司 on 2017年11月28日 at 8:00 AM :

      そう、屋台のラーメンも、立ち飲みも、クラブも「現ナマ」なんて相手にしなくなる。そういえば、いつの間にか、私鉄は「ピタパ」JRは「イコカ」高速道路は「ETCカード」になってしまっているね~。
      この流れに乗れないと、レジ―で「ジイさん、何をもたもた!」と後ろから突かれるぞ~! 出来るだけ離されないようにボチボチついて行こう!

  3. くみ on 2017年11月28日 at 10:01 AM :

    完司先生 お早うございます❗
    う〰〰ん❗ かんがえさせられますね~。
    ホント 老人だけで つるんでいると、オイテケボリ されそう❗。
    川柳で 若いかたと 一緒に楽しむことが ひとつの解消法かと思っています。

    • 新家 完司 on 2017年11月28日 at 12:40 PM :

      こんにちは。
      そうですね~、いっぺんに追いつくのは大変ですが、「少しずつでも馴染んで行こう」という姿勢が大切かも。最初から「私はダメ~、そういうのは苦手!」と逃げていると、時代からオイテケボリになるでしょう。「こういう時代になったのだ」と、割り切ってチャレンジしてゆきましょう。

  4. 森山文切 on 2017年11月28日 at 11:47 AM :

    完司さま

    ブログへの掲載ありがとうございました。
    没句も、それについての議論も公開ますのでどのくらい投句があるか不安でしたが、さっそく複数の投句がありほっとしています。

    • 新家 完司 on 2017年11月28日 at 1:03 PM :

      もう複数の投句がありましたか、速っ!
      そうですね、没句批評で名前と作品が出されるの、嫌な人もいるでしょうが、「平気!」と割り切る人の方が多いような気がします。それよりも、議論を公開するので選者は大変! まあ、これも割り切るしか仕方ないでしょう。

  5. くみ on 2017年11月28日 at 5:38 PM :

    完司先生 今日わ〰❗
    今日も あったかでした~ね。
    ジュクジュク柿 美味しそうですね。甘さがより増して 美味しいですよね。
    母が 好きで、普通の柿も わざと ジュクジュクにさせてましたね。(笑)
    だから そんな柿を見ると 母を思い出します。
    ところで 斉尾くにこ さん お若い方なんですね~。くにこさんの 句が好きで いつもみています。また どこかで ご一緒できたらと 思っています。その時には よろしくお願いいたします。

    • 新家 完司 on 2017年11月28日 at 5:51 PM :

      こんばんは~。
      はい、熟柿すきですね~。ご近所の方で「硬いのが好き」という人が、「柔らかくなってしまったから…」とわざわざ持って来てくれます。
      斉尾くにこさんのこと、センマガの文学大賞準賞の記事ですね。はい、歳はあなたと同じぐらい?かな? 秋の「川柳塔まつり」には毎年参加されていますので、ご出席くださったら会えます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K