Loading...Loading...

倒木

 

地図

 

昨夜8時半ごろ。晩酌を済ませて2階に上がって机に向かっていたらグラグラ! 地震!と思って身構えたがすぐに治まった。後からのニュースで震度3・5?だったとのこと。鳥取県中部地震の余震だろう。

本日、今シーズンいちばんの冷え込み。朝から雪模様だが積もるほどもなく小雨に。だが冷たい風がピューピュー。散歩には最悪のコンディションだったが昨日もサボったので、敢えて昼前散歩。総合公園内の遊歩道を歩いていたら倒木(写真上)。昨夜の強い風にやられたのだろう。それとも余震でか?

本日夕刻、拙宅前のマーケット駐車場に置いていた家内の車を駐車場に入れようとしたら、スモールランプが点いたまま。で、エンジンがかからない。寒気も加わってバッテリーがアウトになったらしい。もう5時過ぎだったので、自動車屋にTELするのを遠慮。明朝までこのままにしておくかと思ったが、以前購入した【バッテリーチャージャー】(写真上)を思い出した。これはもっぱら外出時のスマホ充電用に使っていたが、車に使うのは初めて。私の車から持ち出し、セットして始動したが動かない。「はて?」と思ってすぐ近くのガソリンスタンドの兄ちゃんに「ヘルプ!」、「この繋ぎ方でいいの?」と訊ねたら「えっ、こんな小さなので大丈夫ですか?」と驚いている。繋ぎ方は間違っていないと言うので再度チャレンジしたら、かかった! お兄さんも「かかりましたね~!」とビックリ。だが、「このバッテリーは古くて、一度上がったのは劣化して長持ちしない。買い替えたほうがいいですよ」とアドバイスしてくれた。私もそのつもりだったので、明日にでも発注する予定。 写真下:今年のベスト・ショット(その4)(その5)

日銀前の公孫樹

 

秋の雲 こちら!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 余震 ~ 倒木 ~ バッテリー・アウト”にコメントをどうぞ

  1. 大田かつら on 2016年12月29日 at 9:26 AM :

    おはようございます。バッテリーチャージャーなるものがあると、初めて知りました。参考になりました。それから、ベストショットその4、その5素敵ですね。紅葉の木々の中ロマンスグレーの方と腕をくみ歩けたら良いな、、なんて想像してうっとりです❗コーヒータイム中ですがバックミュージックもオカリナ曲ですよ、、しばし、忙しくなる前に穏やかな贅沢なひと時を演出してみました。

    整理整頓、、大掃除、、日頃忙しさにかまけて怠けたことのツケがドンときてしまいました。まあ、、音楽でもかけてボチボチ始めますかね、、かつらより

    • 新家 完司 新家 完司 on 2016年12月29日 at 9:48 AM :

      おはようございます。
      バッテリーチャージャー、昨年だったか、自動車屋の兄ちゃんが持ってきたのを見て欲しくなりました。すぐにネットで手配してゲット。でも、昨日まで車に使用する機会がなくて、外出したときのスマホ充電用に使っています。バッグに入れても嵩張らないので、いつでも充電OK!なかなか便利なものです。

      私も昨夜は自分の部屋の片づけ。特に書棚が乱雑を極めていますので、必要と不要に仕分けてぼちぼちやっています。

  2. 茶助 on 2016年12月29日 at 3:06 PM :

    「漢字って奴は!!!」
    「か」は『ぶーん』と飛ぶから、『蚊』という漢字が出来たのは誰もが知る話。
    では、『蚤』は、どう理解すればいいのでしょう?
    雨かんむりの下に田で、シラズシラズ「雷」(かみなり)と読まされていますが、
    これも、雷さんが『でんでん』と太鼓を打つ音から出来た漢字だそうです。
    では、地震の震はどうして「辰」の字が雨の下についたのでしょう?
    こんな疑問をイッパイ抱きながら、ひとつ年を越してしまいそうです。
                  (#`皿´)<ドドド!!!

    • 新家 完司 新家 完司 on 2016年12月29日 at 4:21 PM :

      まいど!
      へ~、ブ~ンと飛ぶから「蚊」。デンデンと太鼓だから「雷」ですか。知りませんでしたね~。
      世の中、知らないことがいっぱい! 茶助さんのように知識欲や好奇心が旺盛な人は絶対にボケないでしょう。私が太鼓判を捺します。(私が捺しても仕方ないでしょうが…(-_-;)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K