Loading...Loading...

本日、第3日曜日にて、ホームグランドの「大山滝句座」の例会。早い目に昼食を済ませ会場へ。松江や出雲など、島根県から8名も出席くださって、元気な笑い声。まるで「島根デー」のようだった。皆さんありがとうございました!

   【大山滝句座 3月例会】  出席25名。欠席投句2名。

   外国といえばあの世も外国だ
   割り箸も黄砂もメイド・イン・チャイナ
   苦労して得た称号は「おじいさん」
   耐えて耐えて耐えて青空をゲット
   そのときになればマイカーに練炭  (他7句)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

   大山滝句座”にコメントをどうぞ

  1. 無冠帝 on 2013年3月18日 at 12:48 PM :

      外国といえばあの世も外国だ
    全くその通り。ジゴクかゴクラクか知らないが・・・。

    • 完司 on 2013年3月18日 at 3:28 PM :

      そうですね。あの世はたぶん海外でしょうから、海外旅行に行ったことがない人でも、最後には確実に行ける。
      「死ぬということは、謎に満ちた海外旅行なのだだ」と思えば気が楽になる。かな?

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K