Loading...Loading...

 

川柳塔誌電子化のために、バックナンバーの寄贈をお願いしていた件。川柳塔誌7月号の4頁に上の写真の記事を載せていました。この内、麻生路郎没後に「川柳雑誌」から「川柳塔」に改題したのが461号。この改題の461号以降、今日までの冊子は、お陰さまにて全部揃いました。今後は順次「電子化」してサイトに公開させていただきます。なお、ご寄贈いただいた皆さまのお名前も「電子化事業」のサイトにご紹介しています。皆さまありがとうございます。

ただ、川柳塔誌は揃いましたが、「川柳雑誌」のバックナンバーは、写真上のように、ご寄贈をお待ちしていますので、宜しくお願い申し上げます。念のために、寄贈をお待ちしている冊子を下に記します。

【川柳雑誌】創刊号(大正13年)から107号(昭和6年)

      109号(昭和7年)から151号(昭和11年)

      153号(昭和11年)から304号(昭和27年)

      306号及び307号(昭和27年)

 

   ~~~~~🐟~~~~~~~🐟~~~~~~~🐟~~~~~~~🍶~~~

 

癖が強いので敬遠する人が多い【鮒寿司】だが、1年に1度ぐらい食べたくなって取り寄せる。昔は琵琶湖や近江方面へ旅行したときの土産に買っていたが、今はネットで注文したら2日後には到着する。便利になったものだ。で、今夜は【鮒寿司】にて焼酎湯割り。ちょいと飲み過ぎるほど旨かった。本日、昼前散歩と夕刻散歩を頑張って8,781歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K