Loading...Loading...

本日朝、階下に降りるとき、あと2段ぐらいで足を滑らせてドシーン! 両腕にノートパソコンを抱えていたので、腕でカバーできず、右腕の肘をまともにぶつけてしまった。物音を聞いた家内から「だいじょうぶ? 朝から酔っぱらってるの!」などと鋭く突っ込まれて最悪のスタート。だったが、昼間は大過なく、デスクワークも捗って、まずまず佳き日であった。

「ひざポン!」のクリック、たくさんありがとうございました。今後も「見たよ!」「ハイタッチ!」てな気分で気楽にピッと押してください。

(午後10時、追記)

晩酌が済んだ頃、いつもの悪友からTELあり。おしんへ。おしんカウンターに7名ほどで、月曜にしてはまずまず。我々は、三馬鹿大将プラス町会議員1名(あっ、三馬鹿の1人も町議だった)。この町議は独身で35歳。琴浦町へ嫁に行ってもいいという別嬪さんは、私のところへ、ご一報いただきたい。ともあれ、歌おうやと率先してマイクを持って、皆さんと交代で歌ってバイバイ。

ダンスパーティの夜  林 伊佐緒 78 (昨夜の晩秋さんに触発されて)        三つで五百円     西條ロック 77 (昌紀さんの持ち歌にチャレンジ)          時代遅れ       河島英五  79                      納沙布みれん     美川憲一  83                      牧場の朝       唱歌    86                      われは海の子     唱歌    89

写真下は、散歩道の総合公園エントランスで満開になっている金糸梅。そういえば、琴浦町役場の入り口にも同じのが咲いていた。丈夫で育ちやすいのだろう。

金糸梅



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 まずまずの、佳き日 ~ おしん”にコメントをどうぞ

  1. たかこ on 2014年6月9日 at 8:46 PM :

    新しくなったブログ。色々楽しめますね。ただ、書き込みの文字が薄くて
    心もとない気がします。色を濃く出来るのでしょうか。
    完司さん、肘を強打するとキーンと脳天まで痛くなりませんでしたか?
    それにしても、豪快な奥様。益々ファンになりました。

    完司さんの写真の下の似顔絵かっこいいですね。
    ひざポン、座布団一枚みたいで面白いですね。私の一枚は奥様に。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年6月9日 at 9:37 PM :

      こんばんは~。今、おしんから帰ったところです。アホな行状は、追記として、これからアップします。
      肘、メチャ痛かったけど脳天にまでは痛くなりませんでした。骨にも異常なくホッと一安心。
      みどりさんの豪快なエピソード、書き上げればキリがありません。最近はアルコールを控えて、ノンアルなどをグビグビやっています(ワインもやっているようですが…)。
      「ひざポン!」サンキューベリマッチです。今後とも、どんどん押してください。 

  2. 北田のりこ on 2014年6月10日 at 4:08 AM :

    黄色い花は「金糸梅」でしたか、私は長らく「ビヨウヤナギ」と思っていました。
    ちょっとネットで調べると、非常に良く似ていて、中国では「金糸桃」と書く場合もあるとか、納得しました。

    先日、隠岐へ行った折、七類港から米子までタクシーに乗ったら、ドライバーが米子の土産物の話をしてくれました。彼のお勧めは「ふろしき饅頭」とのことで、名前にも惹かれ、早速米子駅で買い、特急八雲の中で食べました。おいしかったです。
    饅頭の名前の由来を知りたかったのですが、ドライバーも知らないし、包装紙にも書いてありませんでしたが、饅頭を作っている所が「琴浦町」とあり、「おお、完司さんだ」と思いました。
    帰宅して名前の由来を調べて納得。でも今は機械で作っているだろうから、饅頭の形から名前の由来を推し量るのは、ちょと無理かなと思いました。
    「ふろしき饅頭」ご存知でしたか。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年6月10日 at 5:55 AM :

      おはようございます。
      「ふろしき饅頭」お買い求めくださいまして、ありがとうございました。店主に代わりまして御礼申し上げます。もちろん、よく知っていますよ。店名は「山本おたふく堂」←これで検索したら詳しい口コミなど載っています。創業明治元年という老舗で、包み紙におたふくさんの絵がついているのは店名からでしょう。その絵がいかにも時代を感じさせて面白いです。
      私は酒飲みですが、甘いものも好き。でも、普通の和菓子を2個も食べたら胸やけしますが、この「ふろしき饅頭」は軽いのでパクパク。とてもおいしいですね。
      お店(奥で製造している)は、拙宅から車で2分ほど。徒歩で15分ぐらいでしょか。国道9号線沿いにありまして、広い駐車場があって、観光バスがトイレ休憩してはお土産を買っているのをしばしば見かけます。山陰道が開通してからは減ったかな?でもサービスエリアで売っているから大丈夫なのかも。
      京阪神のデパートで鳥取県物産展などをしていたら必ず出ていますので、またお求めください。ありがとうございました!

      • のりこ on 2014年6月10日 at 6:18 AM :

        ドライバーも自分はあまり甘いものは食べないが、ふろしき饅頭ならいくらでもといっていました。
        私たちもどんな味かわからないし、とりあえず8個入りを買ったのですが、すぐ食べてしまいました。
        あちらへ行く事はそうそうないと思いますが、物産展で買えるなら機会があれば必ず買いましょう。

  3. てじま晩秋 on 2014年6月10日 at 9:00 AM :

    おはようございます。
    「ダンスパーティの夜」(林 伊佐緒)は、名曲ですね。
    大兄のレパートリー、凄いです。「おしん」でのカラオケ
    唱歌以外は知りませんです。

    「ふろしき饅頭」ですね。今度都内の句会に行った時、
    新橋の「食のみやこ・鳥取プラザ」でカミサンの土産に
    (僕は意識的に甘いものはやらないので)買ってきます。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年6月10日 at 11:01 AM :

      まいど!
      「三つで五百円」←これで検索して、ユーチューブで聴いてください。幻の名曲です。特に2番の歌詞の「妻は~逃げました~」、笑えます。昨夜はじめて歌いましたが、おしんちゃんも「初めて聞いたけど、おもしろいね~。覚えなあかん」と、言っていました。

      「食のみやこ・鳥取プラザ」の「お土産」を先ほどチェックしたけど、「ふろしき饅頭」はありませんでした。防腐剤を使用せず、日持ちがしないので置いていないのかも。それよりも「生干し・ホタルイカ」は、酒の肴にバッチリ! お勧めです。

  4. てじま晩秋 on 2014年6月10日 at 12:22 PM :

    なるほど~
    「三つで五百円」いいですね。ですが関西弁のアクセント、イントネーション難しくて僕にはむりみたいです。残念~

    「鳥取プラザ」検索どうも! 「生干し・ホタルイカ」ですか。焼酎にも合いそうですね。
    来週行くので早速です。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年6月10日 at 6:01 PM :

      あれは関西弁のアクセントと違いますね~。
      セリフの「みっつでごひゃくえん」 ←これの「み」と「ひゃ」を強く言っていますが、大阪弁は、抑揚があまりなくて、全体にもっとぺた~とした言い方です。
      昌紀さんは大阪弁のアクセントで歌っていましたので、ユーチューブの西條ロックのを聞いたときはビックリしました。

      • 昌紀 on 2014年6月10日 at 10:30 PM :

        ユーチューブで西条ロックのオリジナルを聴きました。
        ショック!! 30年近くサビのメロディーを間違って歌ってたようです。
        今さらなんで、間違ったまま歌っていこうかなあ…

        • 新家 完司 新家 完司 on 2014年6月10日 at 11:08 PM :

          はっはっは、違うやろ! 昌紀ちゃんのしか聞いたことがなかったので、あれが正しいと思い込んでいた。私もオリジナルのを聞いてビックリ!
          そうやね~、今更直すこともないでしょう。第一、酔っぱらった時しか歌わんし、周囲も酔っぱらっているので、そんなことは気にしていないでしょう。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K