Loading...Loading...

本日到着した「愛染帖」は273名。その819句の選を完了。PCへインプットはこれから。今回のは2月号発表のためアップできず。12月号発表のものから、ベスト10をご紹介。

   【川柳塔 12月号掲載 愛染帖】 ベスト10

ぼんやりとした夢だった母がいた   貝塚市  吉道あかね
(評)明け方に見ることが多いベールのかかったような夢。ぼんやりとしていたが、あれは確かに母だった。何か言いたそうだった。

近頃は受けたことないおもてなし   寝屋川市  平松かすみ
(評)滝川クリステルさんのスピーチで脚光を浴びた「おもてなし」。そのような有り難い経験をしたのはいつのことだったか?
           
日替わりでがまんしてきて共白髪   唐津市 仁部 四郎
(評)私が我慢してきたから続いたのだ、とどちらも思っているが、お互いの至らぬところを、お互いが我慢してきたお蔭である。
 
夏痩せも出来ないままで秋が来る   三田市  上垣キヨミ
(評)記録的な猛暑が続いた今年の夏。食欲が衰えて少しは痩せるかと期待したが、まったくその気配もなく、食欲の秋がやってきた。
           
ちょっと好い話にツンと鼻の奥   米子市  竹村紀の治
(評)にんげんって捨てたもんではないなあ、と思わせてくれる「ちょっと好い話」。悲しいことでは泣かないが人情話ではホロリ…。

じいさんにばあさんなんて呼ばせない   東かがわ市  川崎ひかり 
(評)世界中で私を「おばあさん」と呼んでもいいのは孫だけ。亭主であろうと魚屋であろうと主治医であろうと、真っ平御免!

爺ちゃんもイケメンだなと言われたい   三田市  堀  正和
(評)婆ちゃんが「別嬪さん」と言われたら嬉しいように、爺ちゃんだってイケメンと言われたら嬉しい。でも、誰も言ってくれない。

運は天に家事は夫に任せよう   奈良市  大久保真澄
(評)結婚してからずっとしてきた炊事洗濯。これからはリタイヤして暇を持て余している亭主に任せよう。ボケ防止のためにも!
              
どこで咲き何処で散るかは子に任す   鳥取市  前田 楓花  
(評)親としての責任は果たした。「あとは自由に生きればいい」と、割り切ってはいるが、こころの眼はいつも子供の方を向いている。

年金を減らせ年寄り元気過ぎ   高知県 小澤 幸泉
(評)薬のおかげなのか元気な年寄りたち。金と暇があるので遊び回っている。年金減額は暴論だがシニアサービスなど不要だろう。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K