Loading...Loading...

本日、早朝から終日、大山滝句座会報「大山滝」9月号作製。先ほど完了。A4用紙2枚半折にてA5判8ページ。今回ので通巻142号。今秋で発足12年。50号毎に「秀句奔流 大山滝」と題するアンソロジーを発刊、同時に記念大会を開催している。来年の5月には150号を迎えるので、また計画しなければならない。本を出すのは簡単だが、問題は記念大会。スタッフや何やかやを考えると、今回は誌上大会にするか? などと思案しているところ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K