Loading...Loading...

昨日(7日)は第一水曜日にて坐禅会。朝4時45分出発。5時より結跏趺坐。終了後、お粥と茶菓子と果物を頂戴。くだものは、二種類の葡萄と梨。それぞれメンバーの中の生産農家からの差し入れ。有り難いことである。

6時半頃に寺を辞して、そのまま大阪へ。中国道は快調に飛ばせたが、阪神高速池田線は3キロほど渋滞。ホテル・アウィーナの駐車場着は10時20分。30分ほど休憩&句会に向けての作句。

11時より、同ホテルのティールームにて川柳塔社役員会議。出席6名。終了後、同ホテルのレストランにて昼食。午後1時30分より、常任理事会。出席者23名。議題多々あり、会議終了は4時30分頃。句会場へ行って句箋を貰って投句してチェックイン。ひと風呂浴びて、しばし休憩。7時10分より披講開始。

川柳塔社 9月例会 出席99名。欠席投句7名。

にんげんの辻を無視して暴風雨

虫マニアだんだん虫の顔になる

焼酎を毎晩飲んで癌予防

酒注いでくれる女性はみな天使

句会終了後、8時30分より、いつもの「きらくや」にて懇親会。参加者12人?余り。生ビールで乾杯後は、焼酎の湯割り&清酒(冷酒)の三種混合ガンガン。終了は10時20分ごろ。ホテルへ戻ってバタンキュー。つぎつぎと、こま切れの夢。ほとんど忘れたが、ひとつだけ、14年一緒に暮らしたチビ(毛の長い犬)が飛びついてきて「おっ、おまえ生きとったか!」と声を出したところで目が覚めた。

本日(8日)、朝8時30分に南久宝寺着。依頼していたもの受け取り、他3店にてチマチマ仕入れ。10時ジャスト出発。阪神高速→中国道→鳥取道を経由して、岩美川柳会会場の中央公民館着は1時前。

岩美川柳会 9月例会出席17名。欠席投句数名。

眠るときベッドは無人島になる

強そうな人にはいつも尊敬語

かたくなに島から出ない島の猿

そろそろと食べているのによくむせる

列島がキツイいじめに耐えている

着々と腕力溜めているチャイナ  (他6句)

写真上・左: 本日の浦富海岸。

上右: 夏休みには有料だった駐車場は、元通り無料開放。現金なものだ。いずれも句会の休み時間に撮影。

マイ・プリウスの向こうに飛行船型の気球。気球の横っ腹の文字(写真下・左)から推察すると「大阪大学」。この気球の下、海面のあちこちに銀色のアンテナ状のものが立っている。何だかサッパリ見当がつかないので、飛行船の下に坐っている人に「これ、何をしているのですか?」と訊ねたら、「波による潮流を調べている」ということ。やはり大阪大学。教授らしいその人物の説明によると、「潮の満ち引きによる潮流のメカニズムは分かっているが、波による潮流の変化はまだ解明されていない」というような趣旨であった。その方法の詳しいことは訊かなかったが、飛行船から海の中のターゲットに向かって、電波か何かを発しているのだろう。

それが分かったら、何かの役にたつのですか?」という、ぶしつけな質問にも、「10年ほど前に、離岸流で2人死亡された事故があり、海上保安庁から調査を依頼され、もう10年ほど続けています」と丁重に答えてくださった。句会場に戻って披講を聞いて、4時半頃帰宅。

写真下の右: 院庄IC入口の直前にある廃屋。いつ解体されるのか、通るたびに気になっていた。そして、この廃屋の真下に、ときどき車が置いてある。「瓦が落ちてきたら、天井がへこむのに!」と他人事ながら気になる。昨日も写真のような状況。ちょうど赤信号で止まったので思わずパチリ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

坐禅会~川柳塔~南久宝寺~岩美句会”にコメントをどうぞ

  1. 鈴木順子 on 2011年9月9日 at 6:21 AM :

    完司さん、おはようございます。
    台風の被害、お見舞申し上げます。私の故郷は台風銀座といわれる種子島ですが、高い山がないので、今回の被害状況をテレビで見ながら、ただただ驚いていました。会社でPCを開いたらテレビと似たような写真が完司さんのページに…。帰ってお見舞いの書き込みをしなくては。
    ところが、7日の夜はインタールットがご機嫌斜め。何度か電源を基から切ったりして挑戦したけど機嫌を直してくれない。昨夜娘に見てもらったら「ちゃんと動くよ」良かった!良かった!
    でも、娘がそのまま使い出し、お見舞を書き込むのが遅くなってしまいました。ごめんなさいね。別荘が壊れなくて良かったですね。別荘の中は大丈夫だったんですか?

    • 完司 on 2011年9月9日 at 8:05 AM :

      おはようございます。
      台風、お見舞い恐縮です。順子さんの故郷は種子島ですか。ほんとうに台風の通り道ですねー。
      別荘というようなものではなく、単なる物置小屋です。建ててから、もう12年?以上。小屋そのものはシッカリ建ててくれたので、内部は何ともなっていませんでした。
      それより、向こう岸に渡る橋と道路、どうも簡単には修理してくれそうにありません。というのも、向こう岸に田圃を所有している地主、2人とも耕作を放棄しているらしくて、橋がなくても、今すぐ困る人はいない。という状況。私も小屋には上がれるので困りませんが…。さて、どうなることでしょうか。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K