Loading...Loading...

本日午前11時より、鳥取市の葬祭会館「メモリアルホールいなば」にて、中原諷人さんの葬儀。川柳の仲間多数参列、厳か且つしめやかな、よい葬儀だった。
奥さんのみさ子さんに、お見舞いに行けなかったお詫びを申し上げると、体調を崩して入院してから4日目に突然、だったらしい。日頃から体力がなかったので耐えきれなかったのだろう。昨年亡くなられた母上を入れて「中原家の三人」、三本の矢に喩えて仲良くやってこられたが、とうとうみさ子さん1人に…。寂しさに慣れるのは大変だろうが、くじけず、川柳を杖にして歩んでいただきたい、と、切に思う。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

   葬儀”にコメントをどうぞ

  1. 伊東志乃 on 2013年4月30日 at 10:25 PM :

    お疲れ様です………

    あっと言う間に家族がバタバタと………

    順番に見送ったら、いつの間にか自分の順番が来てしまう………
    私はまだ、自分のの母がいますので、母の前には死ねません………

    • 完司 on 2013年5月1日 at 7:53 AM :

      おはようございます。
      そうですね。親より早く死ぬのは、いちばんの親不幸です。
      昨日、見送った友人も、そのことを肝に銘じて頑張ったのだと思います。ここ数年は車椅子で酸素ボンベを手放せない状況でしたから…。母上を送って、やっと安心したのでしょう。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K