Loading...Loading...

 

 

先日、誌上大会発表誌になる「すずむし」540号が到着。開いてみると、最初に重忠さんの句が載っていてビックリ。よく見ると、重忠さんの句は3句もあった。94歳になってもチャレンジ精神が衰えていなのは凄い! 一方私の入選は2句だが、その内の1句は4人の選者から抜けていた(選者15名による共選)のでまずまず。下記、5句の上3句は重忠さん。下の2句は私で「電飾の…」が4人に抜けた句。まだザッと見ただけだが、精神的な道や現実の道などさまざまな「道」が出てきて面白かった。

   人の道無学の母に教えられ     田中重忠

   脳梗塞なやんでいます茨道     田中重忠

   その昔大八車曳いた道       田中重忠

   電飾の道でしばらくエトランゼ

   若者が駆ける宇宙へ続く道

そういえば、今シーズンは電飾の道を歩いていない。毎年、年末になると塔例会の後とか、瓦版へ行く途中など、煌びやかに飾られた御堂筋をぶらぶら。或いは神戸のルミナリエなどをパチリと撮っていたのだが…、残念なことである。

写真、昼前散歩にて、残雪と青空。このように青空が広がっていると思ったら、すぐに黒雲が出てミゾレ混じりの雨がばらばらという1日だった。写真2、夕刻散歩にて。ミゾレ混じりの小雨だったが、西空には沈みかけの太陽がチラッと見えた。〔仕事と歩数〕豊見城の皆さんの作品鑑賞。川柳塔誌上句会作句。4,553歩。

 

            ・・☁  ☀  ☁ 🌧 ☂ ☁

 

下は今日までに届いた句会や大会の中止(延期)情報です。総て把握していませんので、出席予定の会は主催者にお問い合わせ下さい。(12月15日までのは消去。記録が必要な方は以前のブログをご覧下さい)

17日(木)川柳塔本社句会(大阪)⇒ 誌上句会に変更(締切り1228日)

25日(金)川柳塔本社句会(大阪)⇒ 誌上句会に変更(締切り1月31日)

3月4日(木)川柳塔本社句会⇒ 春の塔まつり誌上大会は実施(締切り2月28日)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 いろいろな「道」”にコメントをどうぞ

  1. くみ on 2020年12月25日 at 6:43 PM :

    完司先生 今晩は~
    雪が残っているんですね。さすが 日本海側……。
    こちらも今日は 寒いさむい。そちらとは比べものにはならないと思うけど、冷たい雨も時おり。 ミゾレではないけれど、顔をさすような冷たさでした。
    そんなわけで 今日は室内で本の整理、段ボールなどを資源ごみへ。やはり年末、いつも行く時間でも車が混んでいる。事故にも コロナにも気を付けていきたいものです。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2020年12月25日 at 7:13 PM :

      こんばんは~。
      はい、こちらも風が強くて冷たくて、寒~~い1日でした。
      残雪があるのは写真のように畑と道の端っこぐらいなもので、道の真ん中はなくなっています。でも、同じ琴浦町内でも、大山の麓の方へ行くと、畑には1メートル近く残っているとのことです。小さな町ですが、冬場での海側と山側は凄く違っているようです。

  2. 大田かつら on 2020年12月25日 at 6:52 PM :

     素晴らしい写真はいかにもクリスマスプレゼントを貰ったようでうれしかったですねサンキュー何故かまたしても膝ぽん一番でした。来年に向けてのエールかもしれませんね、、。全没続きで落ちこぼれ気味の私を励ますのかと前向きに捉えてコロナにも負けず❗頑張ります川柳とみぐすく会員の鑑賞を今年中にできそうな予感して大変嬉しく感じいるばかりです、、一番に喜ぶのは完司先生フアンの女子会でしょう。男らしいと先生の写真見ながら言うので、「そうかな⁉」と、言えば「かつら先生は男見る目がないからね」なんて睨まれていますよ。私を含む姥ざくらの楽しい4名の女子会です。では焼酎で乾杯❗かつらより

    • 新家 完司 新家 完司 on 2020年12月25日 at 7:20 PM :

      こんばんは~。
      クリスマスでの「ひざポン」1番、まことにおめでとうございます。
      豊見城の皆さんの作品、遅くなりましたが、今日から拝見しています。たぶん、明日中には完了すると思います。しばらくお待ちください。
      はい、私もいつも通り、焼酎の湯割りでカンパイ!でした。年末には寒波襲来とのこと。何処にも出かけず、ステイホームの年越しになりそうです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K