Loading...Loading...

1日(金)、今回の台湾旅行は台北のみの3泊4日であったが、1日と4日はほとんどが移動日だったので、実質は2日間の台北漫遊となった。下手な文章より取り敢えずは写真を主として2回に分けてのご報告です。写真上は台湾から岡山空港に着いたばかりのタイガーエアー。折り返しこれで台湾桃園空港へ。

 

窓側の席だったので、窓からパチリ。上、雲の上はもう遮るもののない永遠の青空。  2着陸態勢に入って雲の下にもぐったので眺めたら鱗雲と太陽の光が綺麗だった。

 

上、3連泊の宿泊ホテル「国王大飯店(エンペラーホテル)」前の賑わい。中央上の方に見えるサインは3日の懇親会場の「ホテル・オークラ」。1日は7174歩。

 

2日(金)、写真下は2日の朝のスナップ。路線バスはすべてに派手な宣伝。

2日に先ず向かったのは、願い事を書いた風船(熱気球)を上げるので有名になっている「十份」という所へ。遠くから見ているとフワフワ上がってゆく風船は小さく見えたが、現場に着くと案外大きなもので、4面に願い事などを書くようになっている。書き終えるとスタッフが内部の燃料に火をつけて「いちにのさ~ん!」と飛ばしてくれる。写真下3枚は同行させて頂いた岡山グループの皆さん。

 

次に向かったのは【千と千尋の神隠し】のモデルとなった建物などがある「九份(きゅうふん、ジォウフェン)」というところ。坐禅会の旅行で来たときは雨だったが、今回は少し霧が出ていたがマズマズの好天。週末ということもあるのか狭い路地は観光客でいっぱい。前回はどこかの店に入って休憩した覚えあり。「どの店だったかな~?」と覗いて見たが人がうじゃうじゃいて確認できなかった。

 

夕食は予約して下さっていたレストランにて、岡山グループ17名でビールで乾杯&紹興酒グイグイ。本日5701歩にしては足がだるかったのは「九份」で階段が多かった所為だろう。写真下、小籠包が旨いという評判の店。順番待ちの客でいっぱい(予約番号を持っているから並ばなくてもよい)。私たちは予約していたから5分待ちで入れた。その下、台湾ビール。癖のないスッキリした飲み心地でなかなか旨かった。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 台北(1)”にコメントをどうぞ

  1. 杜青春 on 2019年3月4日 at 10:42 PM :

    完司さん、さっそくアップロードしてくださり
    ありがとうございます
    台湾の旅楽しんで頂けましたでしょうか
    小生はビール、紹興酒、焼酎で二日酔い

    また遊びにきてくださいね

  2. 新家 完司 新家 完司 on 2019年3月4日 at 11:11 PM :

    青春様
    大変お世話になりました。台湾川柳会の皆さまの熱い歓迎を受けて感激いたしました。また、大幅に予算オーバーであろうご馳走に加えて、お土産をいっぱい頂戴いたしまして、恐縮に存じます。有り難うございました! お陰さまで楽しい4日間でした。お疲れの出ませんように、お大事になさってください!
    はい、長生きをして、また寄せていただきす。

  3. みほ on 2019年3月5日 at 10:34 AM :

    完司 先生

    お帰りなさい〜お疲れでないですか?
    飛行機の中からでも綺麗な写真ですね。
    雲の間からの太陽の光とっても綺麗です。
    私も昨年行って 願い事を書いて風船上げました。
    九份は夜行ったのですが人が多くて階段を上がるのにもひと苦労です
    小籠包は美味しくてみんなで何回もお変わりしました。
    今日も素敵な一日をお過ごしください。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年3月5日 at 12:38 PM :

      ありがとうございます。昨夜はぐっすり寝たので、あまり疲れは残っていないようです。4日間遊んだので、デスクワークが溜まってしまって、散歩を止めて集中しようかと思いましたが、あまりにも良い天気なので昼前散歩に行ってきました。
      風船、上げましたか。あの凄い数、どうして回収しているのか心配になりました。近くの大きな木の上のほうで汚くなったのがぶら下がっていました。
      はい、九份の石段、段差が大きいので上り下りが大変。みんな慎重にゆっくりなので余計に混雑するのでしょう。
      小籠包は、野菜包みなど変わったのも出てきましたが、やっぱりオーソドックスな「肉汁たっぷり」がベストでしたね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K