Loading...Loading...

1989

 

巨大夜景

 

窓

整然とした街並みも悪くはないが、人間の臭いがプンプン漂うような雑然とした街が肌に合う。育った町が尼崎で、出屋敷や三和商店街~中央商店街(現在は、かなり洗練されている?)のごちゃごちゃした繁華街に慣れてしまったからかも知れない。長じて海外旅行に出かけるようになっても、東南アジアのゴチャゴチャしたところへ好んで出かけた。その最たる所は、香港の九龍城。法の秩序も及ばない混沌とした街。北京オリンピックに向けて1994年に解体されるまでは、世界最大級の巨大スラム街だった。

私が出かけたのは解体される前の1992年。さすがにスラムの奥深くには入り込めなかったが、入り口から少し奥まったところに並んでいる露店を見て回った。肩と肩がぶつかり合いながらしか進めないような混雑、騒然とした雰囲気であったがエネルギーに満ちていた。「もう一度」と願って行けるとこではないのが残念である。

このような記事を書くことになったのは、久しぶりに書棚の整理をしていて、下の写真帳(1997年発行・岩波書店)を手に取って、懐かしく見入ってしまったため。これは、九龍城の解体途中から解体後の写真集。従って「生きている九龍城」ではなく、あまり魅力的な写真はないが、九龍城の歴史年表なども掲載されているので、思い出のよすがとして15年ほど前に購入。下の灰色の写真は、写真集に収録されているもの。上に載せた写真はいずれもネットの記事から引っ張ってきたもの。詳しくは【九龍城】で検索されたし。

写真集

九龍2

九龍1



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

  九龍城”にコメントをどうぞ

  1. 上田ひとみ on 2014年8月15日 at 9:37 PM :

    おひさしぶりです
    随分レアな地名が出ていますね 私は結婚して13年間尼崎に住んでいました
    三和、中央商店街は近かったのでよく買物に行っていました
    今も夫の母が暮らしています あの辺りの様子も大分変わりました
    阪神尼崎の鯛焼きは今もよく売れているようです。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年8月15日 at 10:29 PM :

      こんばんは~。お久しぶりです。
      尼崎に13年おられましたか。懐かしいですね。小生、出生は大阪ですが、ものごころついたときからずっと尼崎。尼には数々の思い出があります。卒業したのは成徳小学校。母が息を引き取ったのは三和商店街近くの近藤病院。喧嘩して逮捕されたのが中央商店街。結婚してから西大島の会社の寮にいたこともあります。縄張りだった阪神電鉄「出屋敷駅」周辺の変わりようにはまったく浦島太郎で、寂しいことです。

  2. てじま晩秋 on 2014年8月16日 at 7:41 AM :

    おはようございます。
    香港・九龍城…凄かったですね!
    僕としては(大した知識はないですが)中国は判らない国です。在日の中国人の友達がいますが、時折り理解に苦しむことを言います。ですが基本的に中国、好きな国の一つです。

    本日は貴地鳥取の八頭高校が秋田勢と対戦ですね。頑張れ! 話は変わりますが秋田と言えば文化祭の選者、ご苦労様です。最も事前(ジュニア)でしたよね。もう終了してる頃ですね。数が多いから大変でしたでしょう。大兄、僕は親戚のイベントで、すいません。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年8月16日 at 8:27 AM :

      おはようございます。
      中国は好きであちこち行きました。香港以外では、上海バンドが特に印象深かったです。ディック・ミネの「上海ブルース」の影響でしょう。♪涙ぐんでる上海の~ 夢の四馬路の街の灯~ 三度ほど行きましたが、バンドはいつも観光客でいっぱい。そのムードからは遠かった。誰もいない夕暮れに佇んでみたいものです。

      国文祭ジュニア、昨日、ようやく完了しました。20日締切厳守ですので、やっとこさ。この選にはちょいと苦労をしました。作句する子供たちも苦労したでしょう。中に「わたりどりは、わかりません」と、幼い文字があって笑いました。

      八頭の健闘を祈ってテレビ観戦です。が、天候が心配ですね。こちら鳥取は朝からよく降っています。

  3. 上田 仁 on 2014年8月16日 at 7:59 AM :

    お早うございます 九龍城の写真懐かしく見ています 私は海外旅行の最初が香港マカオで
    1975年12月(昭和50年)に行きました その当時は勿論九龍城もありましたし 観光でまわったときも遠巻きに見た事を覚えています その後香港へは中国に返還後の平成17年まで述べ8回ほど行きましたが行くたびに町の雰囲気が変わっていきました 最初に行った外国が香港であったことで刷り込み現象かもわかりませんが 今でも愛着を感じます 2年前に息子の赴任地北京へ行きましたがもう海外旅行へ行く気力も元気もありません アメリカ中国各地そのたアジア各国へは行きましたがヨーロッパは行けず仕舞いです 精々日本国内の温泉でゆっくり過ごそうと思っています

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年8月16日 at 8:38 AM :

      おはようございます。
      私の最初の海外旅行は、香港~ソウルでした。マカオには行ったことがありません。以後、年に1度、夏休みに家内とあちこち行きましたが、ヨーロッパと米国本土には行っていません。ブログに書きましたように、東南アジアの混沌としたムードが好きなことに加えて、家内が乗り物に弱く、特に飛行機がダメ。ハワイに行ったときは、翌日の予定すべてをキャンセルして静養したほど。最近は私ひとり、坐禅会のメンバーと佛跡参拝に行く程度になりました。北京には二度行きましたが、二度目に行ったときは大気汚染が凄くてビックリしました。
      そうですね。日本国内も行っていないところたくさんありますので、これからは国内旅行に切り替えて、ジパング倶楽部を利用して楽しみたいものです。

  4. てじま晩秋 on 2014年8月16日 at 6:50 PM :

    勝大兄、勝ちましたね。
    湯割り片手に乾杯ですね。応援団が、道中、お盆帰省の帰り客の渋滞で、到着が1時間以上、遅れるも甲子園、雨の為の中断などで遅れて、試合開始に間に合ったとか。よかった、よかったです。
    完司さんおめでとう。実は先程いつもの居酒屋から悪友の誘い。お盆位はかんべんしてよ! と普通の人なら言うでしょう―そこが僕の偉い処、今から4曲ほどやっつけてきます。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年8月16日 at 7:56 PM :

      こんばんは~。
      ありがとうございます。八頭、勝ちましたね~。ずっと見ていましたが、きびきびした動き、堅い守り、さすがに県内屈指の進学校! この調子で2回戦も突破して欲しいものです。本日のブログは、これを取り上げるつもりです。
      お盆の居酒屋、それもいいでしょう。小生はしばらく良い子が続いていますが、盆明けから飲む予定あり。お互いに、身体を労りながら、ぼちぼちやりましょう!

  5. 加代 on 2014年8月16日 at 8:10 PM :

    下の二枚の写真、なんか不気味な感じですね。
    中国には観光で15年ほど前に行きましたが裏町の方へはツアーバスが連れて行ってくれませんでした。あの頃も時折スモッグがひどい時がありましたね。
    しかし、万里の長城や西安などは歴史を感じて(教科書で習ったもの)目の当りに見えて感激しました。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2014年8月16日 at 9:11 PM :

      こんばんは~。
      下2枚の写真は、住民が退去して、廃墟になった九龍城。写真帳に見開きで載っています。
      そうですね、団体のツアーでは、ちょっと危険なところは避けるでしょう。万里の長城、西安、兵馬俑など、見どころいっぱい。制度が違う難しい国ですが…、仲良くしたいものです。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K