Loading...Loading...

昨夜6時半頃からコンテナハウスにて飲み会。メンバー6名。肝心の家主は所用で不在であったが、構わずビール&焼酎湯割りガンガン。
終了は8時半頃?であったか。運転代行を呼んで、カラオケが好きな悪友Aとおしんへ。
おしん先客4名ほどでヒマ。下記の曲、Aが一番を歌えば私が二番を、そして三番は一緒に、というパターンで歌った。

   知りすぎたのね     76 (二人ともあまり知らなかった)
   中山七里         86
   故郷            93 (おしんちゃんと)
   納沙布みれん      81
   たそがれのビギン    79
   石狩エレジー       86 (ときさんと)
   アメリカ橋         85



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

   コンテナハウス ~ おしん”にコメントをどうぞ

  1. 高杉千歩 on 2011年10月28日 at 9:50 AM :

    秋晴れの快晴か続いています。毎日ブログ訪問させて頂きながらご無沙汰いたしました。10日「まつり]の後、「万博公園、コスモスまつり」、22日に28年目の「日本画で描く干支色紙」講座を天満「きりえセンター],19日〜24日「高齢者手作り展」出品、心斎橋大丸で17日「院展」鑑賞….他で急がしく動きました。半分は息子の助けに頼っていますが何とか済ませました。
    新しく「レディ−ス講座」またお忙しくなりますね。素晴らしいです!
    大阪へも何度もきて下さっているのに驚きながら、..
    ブログの皆さまのお話を楽しみながら….
    爽やかなお日和が続きますように….
    作句と絵三昧の日が1日でも永くと思う日々です。
    いつも有難うございます。お大事にお過ごし下さいませ。

    • 新家 完司 完司 on 2011年10月28日 at 10:54 AM :

      秋晴れはいいですねー。酒で曇った頭まで爽やかにしてくれそうです。
      川柳と絵、二つの仕事でお忙しく過ごしておられるようで何よりです。それもこれも「健康」のおかげですね。いつまでもお元気で続けられますよう、祈念しています。
      「レディース・スクール」の川柳講座は、町の教育委員会が「秋の講座」として企画したもので、11月25日の1回だけです。ずっと継続してやるのではありません。川柳の他には「パステルアート」と「カンタン収納整理術」という講座が、それぞれ別の日に開催されます。
      わずか1時間半そこそこで、何ほどのことが伝えられるか、ちょっと心配ですが、こころに響く良い句を紹介して、「川柳に関心を持っていただく」そして「川柳を好きになっていただく」ぐらいのことを目指したいと思っています。
      もちろん、レジメは自分で作りますが、副教材として川柳塔から出している「川柳しませんか」をプレゼントする予定です。
      さて、何人ぐらいになるのか? 10人でも集まってくださったら嬉しいのですが…。

  2. たかこ on 2011年10月28日 at 6:26 PM :

    完司さん
    明日は亀山(ろうそくとシャープで有名な)の大会です。選を頼まれ、ついでに「題」も考えてくれと言われたので、他の選者さんとの兼ね合いで、名詞が多かったら「つぶす」動詞が多かったら「つぶつぶ」にしてと返事しました。(ふざけたわけではないのですが、今思うとおかしい…。
    「課題」について「川柳すずか」の巻頭言を書こうとして、完司さんの「川柳の理論と実践」を読み直したら、動詞の課題の場合は、体験できない「題」は要考察とあります。
    「つぶす」はともかく「苦い」「苦しい」「叩く」系の題が私は、「明るい」や「幸せ」より作りやすいから「いい題」だと思ってきたことが、体験できない、実感句になりにくい…からあまりよくないってことですねえ。
    「つぶす」にしたって、そうそう人は物をつぶして生きていないですから、ほめられた題ではないわけですねえ。
    言葉遊びはいけないけど、言葉で遊ぶのはいいんじゃないかと、どこかで思っている自分に、いま真剣に向き合っています。
    かなりおおげさな話ですみません。
    11月25日「レディース・スクール」というからには、女性だけなんですね。頑張ってください。

    • 新家 完司 完司 on 2011年10月28日 at 8:23 PM :

      酒飲んだあとなので、難しい話はちょっと敬遠したいけど…。
      課題について、「体験できない課題や、実感できない課題は良くない」とは、言っていないつもりですよ。「体験できない課題は、考察したら良い」と書いているつもりです。
      作句方法が、「体験を元にする」でも「考察して導き出す」でも「克明に観察した結果」でも、良い句は良い、のではないでしょうか。
      どのような課題であっても、皆さんしっかり作句してこられるのは、ご承知の通りで、本当に感心することしばしば。
      出題についての心配はまったく無用です。考え過ぎでしょう。選を前にして、ちょっと過敏になっているのかな。自信を持って向かってください。もし、「選者の心得」が必要でしたら、「理論と実践」の287~288ページを読みなおしてください。絶対に自信が湧いてくるハズです。
      はい、「レディース・スクール」女性だけです。妙齢の別嬪さんばっかり(ほんまかいな)。シャイで無口な私にとって、人生最大の試練。(酒飲んで行ったろか…)

      • たかこ on 2011年10月28日 at 8:54 PM :

        いい気分でおられるところをすみませんでした。
        完司さんの書いておられることを非難したのではありません、書き方がわるかったようでごめんなさい。

        明日、北陸から「たかこさんをつぶしに行くね」と言って来てくださる方がいます。
        「つぶす」
        どんな句が出るか楽しみになってきました。またご報告しますね。
        ありがとうございました。

        • 新家 完司 完司 on 2011年10月28日 at 10:05 PM :

          は~い、別に非難されているとは受け止めてはいません。本の内容を誤解されているのかな?と思ったものですから…。
          北陸からの遠征、すごいですね~。選、自分の感性に自信を持って、楽しみながら向かってください。
          そして、披講は、下五までキッチリ聞き取れるように心掛けてください。
          しばしば、下五で力を抜く人がいて、何だかサッパリ分からない、というのがあります。老爺心ですが…。

  3. 高杉千歩 on 2011年10月28日 at 10:40 PM :

    いいですねえー
    たかこさんとのお話をいつも熟読?させて貰っています。
    老爺心… ナルホド..
    遅くまでパソコンを見ておられるのに..自分のことを棚に上げて吃驚しています。
    川柳塔11月号が届きました一番です。 お疲れさまでした。

    • たかこ on 2011年10月28日 at 11:07 PM :

      千歩さま
      私に千歩さんの奥ゆかしさとか、思慮深さがもう少しあれば、どんなにか生きやすいかといつも思います。

      鈴鹿のネット句会、参加くださってありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K