Loading...Loading...

 

川柳塔誌の【目次下エッセイ】、1月号は私が「こころを自由に」という題で書かせていただいた。それを読んで「元気をもらいました!」という声を頂いていますので、僭越ながらポイントだけを抜粋してご紹介いたします。

【 瀬戸内寂聴さんが亡くなられたとき、NHKのニュース番組でお元気なころのインタビューを再放映していた。例のハキハキした口調で話されていたことで印象に残ったのは、「心を自由に」ということ。曰く、「にんげん、一番の幸せは自由になること。他人の噂話や悪口を気に病んだり腹を立てたりするのは、こころがそのような人に捉われているからで、こころが自由であれば何も気にすることはない」というような内容だった。…(中略) だが、長年の修行を積んだ高僧ならともかく、私のような凡人がそのような境地に至るのは極めて難しい。では、どのようにすれば少しでも「こころを自由に」できるのだろうか。私なりに考えた方法は、何事かに捉われて気分を壊されかかったときに「こころを自由に…」を呪文のように唱えること。そのことによって少しでも平常心を取り戻せるのではないか。

もう一つ、時間があれば「闊達」とか「磊落」を辞書で引いてゆっくり読み直してみる。「闊達」には、「度量が広く、物事にこだわらないこと。こせこせしないこと」と書かれている。「磊落」には「気が大きく朗らかで小事にこどわらないさま」等と書いてある(いずれも広辞苑電子版)そのようなことは辞書を引くまでもなく分かり切ったことであろうが、辞書を引いてゆっくり読み直す時間によってバランスを取り戻すことができる。怒りっぽいとか鷹揚とかは持って生まれた性格によるところが大きいが、短気な人でもこのように心がけることによって「こころを自由に」できるのではないか。と、これは短気な自分への戒めである 】

写真、左はAコープ。中央のバス停は下校の中学生。4時過ぎには吹雪だったが、すぐに止んで積もることもなく、この写真を撮った5時には青空と夕焼け雲が見えてきた。 〔仕事と歩数〕某企業川柳の選考。1,804歩(昨日、ファスナーの引き出しを整理していた家内がギックリ腰? 今朝、町内の整骨院へ連れて行って手当をしてもらって、少しマシになったが終日休息。私がデスクワークをしながら店番で散歩には行けなかった)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

こころを自由に”にコメントをどうぞ

  1. なごみ on 2022年1月14日 at 7:41 AM :

    先生ご無沙汰しております。ブログは毎朝拝見させて頂いてます。
    今日の”こころを自由に”の抜粋をよみ感動しました。他人の悪口や嫌がらせなど聞いたり見たりすると何日も気に病む性質ですので、この言葉を肝に銘じます。人生ここまで生きてはっとさせられました。川柳塔誌を読みたい気持ちになりました。
    毎日精力的にブログ更新して素晴らしいそれにフットワークの軽さも…
    私はやっとこさ毎日4000歩くらいの散歩をしてます、歩けることがこんなに嬉しいこととは、当たり前が当たり前でない病気の時は本当につらかったです。
    これからも焦らず過ごします。

    • 完司 on 2022年1月14日 at 9:05 AM :

      おはようございます。いつもご支援いただきまして、有り難うございます。
      毎日4,000歩ぐらい! すごいすご~~い!素晴らしい回復ぶり‼ そうですね、焦らずゆっくり参りましょう。特に寒い時期には無理をなさいませぬように!
      塔誌1月号、手元に1冊余分がありますのでお送りいたします。「こころを自由に」の(中略)部分は少しだけですが、他にも面白い記事がたくさんありますので読んでください。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K