Loading...Loading...

 

本日、昼前の散歩で出かけた総合公園外周の農道(写真上)では、まだ雪も残っていたが、陽射しはグッと春めいて手袋も不要。足取りも軽く、楽しいウォーキングになった。昨日は散歩しなかったので、今日は昼前と夕刻と2度歩いて、8317歩だった。

「川柳展望社」が募集中の【第16回 現代川柳大賞】の締め切りが迫ってきました。(まだ1週間以上あります)皆さま奮ってチャレンジしてください。

 

 川・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

    【第16回 「川柳展望」現代川柳大賞】

対 象  新作10句。応募は1人何口でも可。表題をつける、つけないは自由。

用 紙  B5原稿用紙(便箋も可)タテに使用。応募用紙をそのままコピーして選考。

応募料  1口1,000円(発表誌の必要な方は1,000円追加)

締切日  2月25日

宛 先  〒567-0009 大阪府茨木市山手台4-6-3-101  川柳展望社  

表 彰  川柳展望・現代川柳大賞   1名  記念盾と副賞  3万円

         同   準賞  若干名  記念盾と副賞  1万円

         同   佳作  若干名  記念盾

審査員  笹田かなえ  佐藤岳俊  新家完司  津田 暹  吉崎柳歩  天根夢草



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 川柳展望【現代川柳大賞】締め切り迫る”にコメントをどうぞ

  1. くみ on 2018年2月16日 at 10:36 PM :

    久しぶりの ベンチです。
    暖かそう ですね。( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月16日 at 10:59 PM :

      こんばんは~。
      昨日の写真ですね。はい、今日も暖かでした。
      でも、明日はまた寒くなるようです。お大事に~~。

  2. 茶助 on 2018年2月17日 at 9:59 AM :

    「阿久 悠さんは、死んでもガッポガッポでガッツポーズ」
    カラオケで何年も続けて、最も歌われている演歌は津軽海峡冬景色です。
    阿久 悠さんがこの歌の作詞で一番時間がかかったのは、
    「私もひとり」の私の部分、「私は」にするか「私も」にするかだったそうです。
    川柳の極意を教えてもらった感があります。
    .+:。((((o・ω・)o))) ゚.+:。ドー♪♪♪
    ♪♪上野発の夜行列車 (降りたときから 青森駅は雪の中、)
    北へ帰る人の群れは 誰も無口で (海鳴りだけを聞いている)
    私もひとり 連絡線に乗り 凍えそうな鴎みつめ・・・♪♪

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月17日 at 12:58 PM :

      津軽海峡冬景色、名曲です。最近は歌いませんが、何度かカラオケでやったことあります。先ほど確認しましたら1977年ということは、実に41年前のリリース。
      「私も…」ということは、他にも「ひとり」の人がいるということですね。それは、歌を聴いている人であり、歌うときは自分に置き換えて…、ということ。ナルホド~、なっとく!

  3. 田中 政宏 (柳号 折鶴 翔) on 2018年2月17日 at 1:25 PM :

    新家完司先生 こんにちは
    質問があります。
    川柳は、自然を詠んだ句は、選ばれることがないのでしょうか?
    自分の作風は、俳句に近いです。
    西大寺川柳社の先輩に、句に自分を詠む様に言われました。
    その方が良いのでしょうか?

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月17日 at 1:56 PM :

      こんにちは~。自然を詠んでいても優れた句は選ばれるでしょう。
      川柳は宇宙の果てから海の底まで、何でもありですが、俳句と少し趣きが異なるのは、大自然を詠っていても、そこに「人間」や「私」を絡めることが多々あります。
      例えば、「大氷河ゆるむわたしのうたた寝に 畠山軍子」のように、温暖化で消えてゆく氷河を対象としても、自分を絡め自分の責任にしています。

      大自然もいいですが、「人間」も面白いでしょう。でも、他人を対象にすると、内容が「不正確な推定」になりがちです。やはり「分かったようで分からない未知数の自分」がいちばん面白い素材だと思います。そういう意味で「自分を詠むように」と言われたのでしょう。
      「川柳の理論と実践」は、「今の自分の姿、今の自分の想いを詠う」ことが現代川柳の主流というような意味のことを、メインに置いて書いています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K