Loading...Loading...

 

本日朝、拙宅前の圧雪状況をデジカメで写そうとしていたら、ゴミ出しに来られた隣家の奥さまと顔を合わせたので「寒いですね~!」と言ったら「うちのツララ、見てくださいよ!」と指さすのを見てビックリ!「ワ~、写真に撮ろう~!」と言って拙宅の2階からズームアップしたのが上の写真。長いのは1メートル以上?

本日、第2木曜日にて「岩美川柳会」例会日。渋滞があってはいけないので、11時30分に重忠さん宅に寄って2人で走る。が、渋滞なくスイスイ走れたが、岩美町に入ったとたんに「雪国」という雰囲気になった(写真下)。1時15分前に会場着。本日、岩美句会で投句した後に、雪道をマーケットまでぶろぶら歩いたぐらいで、5325歩。

  【岩美川柳会 1月例会】 出席13名。欠席投句数名。

   天皇家にも込み入った裏事情

   すべったり転んだりして居酒屋へ

   少しだけこころ浄めてくれた雪(他)

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ツララ ~ 岩美川柳会”にコメントをどうぞ

  1. てじま晩秋 on 2018年2月8日 at 7:23 PM :

    今晩は。二日続けての一番乗りです! 天秤座の方の近況、ありがとうございました。
    本日かみさんが明治座に物真似の名人なる「コロッケショー」見に行ったので、近くのJR籠原駅までの送迎係でした。帰りは蕎麦屋さんで焼酎の蕎麦湯割り&天麩羅をやっつけて来ました。こういうときはかみさんが運転出来るので楽ですね。(笑)

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月8日 at 7:54 PM :

      うむむむ~~?、焼酎の蕎麦湯割り? 小生、大阪生まれの尼崎育ちですので「うどん」はガキの頃から馴染んでいましたが、蕎麦を食い出したのはオトナになってから。「蕎麦湯」なるものを頂戴したのも老年に差し掛かってから。従って蕎麦湯の「旨味」そのものがいまだに分からず、「焼酎の蕎麦湯割り」って? 旨いのか? と思って、いまネットで調べました。「うまい!」という記述あり。但し、蕎麦屋でしか味わえない、のが難点ですね。こんど宴会のシメを蕎麦屋でやったときにでも試してみます。

      • てじま晩秋 on 2018年2月8日 at 8:21 PM :

        蕎麦湯割り 凄く旨いですよ。多分大兄、ヤミツキになるかも! 但し仰せの如く蕎麦屋でしか味わえないです。僕の知ってる範囲で、この蕎麦湯割りはこの店だけ! 今度違う蕎麦屋さんで創って貰うことにします。

        • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月8日 at 8:33 PM :

          そうでしょうね、普通の酒場で「黒霧、蕎麦湯割り!」と言ってもダメでしょう。蕎麦屋さんでもやっていないところもあるでしょう。こんど蕎麦屋に入ったとき「やっているかな?」と、それとなく調べてみます。

  2. よったま on 2018年2月8日 at 7:44 PM :

    こんばんは!
    すごい!大きいつららですね。仙台では、あまり見かけません。
    寒そうです。

    すべったり転んだりして居酒屋へ
      一人で大笑いしています。お酒がよっぽど好きな
       人でしょうね。

    句集を見て、大笑い!!はっはっはぁ
      ★きらいだと言っているのにまたナスビ
      ★本当に春が来たのか見て回る
     そうそう、ユーモアの句はなかなか作れません。??????
    でも、私の句集の句はすべて入選句ですよ。

    まじめなんですかね。わたし!!
    完ちゃん先生の句を読んで、頑張ります。

    • 新家 完司 新家 完司 on 2018年2月8日 at 8:05 PM :

      こんばんは~。
      すごいツララでしょう。私も鳥取では初めて見ました。しかも隣家の軒先で…。拙宅の軒にもありましたが、50センチぐらいでした。
      作者名を書いていない句は、すべて私の句です。句会の記事の後に載せているのは、すべて当日の私の入選句。というわけで「すべったり転んだり…」は私の実感句です。

      「入選句」がすべて良い句とは限りませんよ。選者にも好みがありますからね。自分自身の目で何度も篩にかけなければいけません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K