Loading...Loading...

歩き遍路は出来るだけアスファルト道は避けて、古いへんろ道を歩くので、小さな石だけのへんろ塚に出会うことがよくある。よく見ると文久の文字が読み取れる。どんな素性の人か知らないが、確かに生きて歩いていた遍路がいたことには、違いはない。そんなことを考えながら、歩き遍路の仲間に入れてもらって、2/3ほど歩いたのは、随分前の事であった。今は散歩も杖をついて歩く始末で、遍路さんどころではない。

GGは前回の5/25はダイヤモンドを出したのに、今日は84でホールインワンは1個も入らない。平均的に、月6回くらいのもので、これもあなた任せの運のようである。石に当たって出るかと思へば、石に当たってはいることもある。それでも、スコアはどうであれ、コンペのときには5位以内には入ろうと思っている。

来月から、民謡も始まると、連絡網を通じて、電話があった。しかし、マスクは必修、体温計測定をして、37.5℃以上は、出席不可。お茶は各自持参。などの条件付きである。

2週間に1回のヒアルロン酸の注射を、打ったので、風呂もシャワーも禁止。歩きも自粛したので、寝るまでのリズムが狂う。

夕飯の支度は、小松菜とさつま揚げ、揚げと豆腐を入れて煮浸し、豚肉の塩焼き、モズクの酢の物で済ます。

万歩計は、3.607



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

  ハーモニカ教室では、教室でラインのグループを組んでいる。今日先生から、6月から教室が始まる旨の、連絡が入るや否や、たくさんの連絡が、届いた。その大方がスタンでの返信で、こんなに、た...「解禁っで忙しくなってきたライン」の続きを読む
今はもうそうはいかない。18年も前の句である。子供のころ、海水浴へ行くとき、はじき豆を入れた袋を、お守りのように、首にぶら下げて泳いでいる途中に塩味の利いた豆を食べてのが美味しかったが、今は、茶碗のお...「はじき豆ぼりぼり今年六十九」の続きを読む
そもそも、般若心経と申す御経は、僅か二百六十余文字で、釈迦一代の経、即ち七千余巻の中から、選びだされたお経で、神前にては宝の御経、仏前にては花の御経、いわんや家のため人のためには祈祷のお経であるから声...「行き止まり弥陀のこころがまだ読めぬ」の続きを読む
家内が少し、情緒不安定な時には、家内のベッドのそばで、しばらく童謡を歌ってやると、落ち着いて静かに目をつむって呼吸が安定してくる。特に子守唄が効果的だ。昨日は軍歌の戦友を14番まで歌ってやったら、最後...「ちっぽけな幸せ笑いながら泣く」の続きを読む
若い時家内の事を詠んだ句である。そんな家内が、物忘れがひどくなって、デサービス通いだして、この6月で満1年になる。体はまずまず、元気なので、よそ様の事を思えば、ありがたいと思っている。今日も私が、晩の...「女三十恋も仕事もぶっちぎり」の続きを読む
完治さんのブログを開いたら終戦直後、ヤミ米は食わぬと、飢え死にした裁判官のの話と賭けマージャンをやった検事長の話が載っていたので、読んでいたら、急に昭和20年5月から8月頃の空襲の事を思い出した。呉湾...「高射砲Bへ届かぬ灰が峰」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K