Loading...Loading...

CIMG1662 CIMG1661 CIMG1658今日はGG家内と一緒に行く、17名参加。4ゲーム82.をどうしても80を切れない。写真の1枚目と2枚目の、黄色い花は、2.3年前から散歩の途中で、川土手に生えていた花の種をちぎって来ては、我が家の裏に蒔いていたら、今年やっと芽を出して花をつけてくれたが、花の名前はわからない。3枚目の白い花も、植えたものではないが、葉っぱの格好から、どうも蘭の仲間らしい。これは毎年咲いて楽しませてくれるが、うっかり葉っぱの先にあたると、目から火が出るほど痛い。

午後は今年2回目の老人大学の民謡教室。今日は真室川音頭の練習。この曲は皆さんよく知っている曲であるが、先生の歌は微妙に違う。民謡の歌詞は、現代では法度にされているような言葉も、そのまま使うし、学校では使えないような言葉も平気で唄えるのでいろいろ勉強になる。真室川音頭は、山形県の民謡で、音頭であるせいか、歌詞の意味も、曲も、語りのように歌うので、やさしく楽しい歌である。

ウオーキングは50分。万歩計は9.500歩。膝痛のため少し歩きはセーブしている。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

標題の本を昨日読み終えた。読み終えてみると、何かを考えさせる本である。特に弱者に対するやさしさについて、特に考えさしてくれる。27年前に読んだ本ではあるがちっとも色あせていないところがすごいと思う。明...「灰谷健次郎 海になみだはいらない」の続きを読む
 昨日の新聞にサラリーマン川柳のベスト10が発表されていた中で、私が一番気に入ったのが標記の句である。サラセンと言えばなにかと、めくじらを立てる御仁も多い昨今ではあるが、掲載句など愉快ではないか。詩...「病院でサミットしてる爺7(セブン)」の続きを読む
長い事飲み続けているが、体を壊したことが無いので、名水だと他人には言っているが、自分は名水だと自覚した事は無い。ただ無くなると、ひとりでに、足が向くだけである。ただ夏分はあまりたくさん汲んで帰ると、終...「半世紀事故らぬ名水だと思う」の続きを読む
このところ、梅雨入り前の晴天が続いている。お蔭で家内と一緒に、GGに行く事が出来る。今日のこの日に感謝している。成績はよいに越した事は無いが、それよりも家内と一緒に健康でいける幸せに感謝をしている。...「公園へ今日も集まる高齢者」の続きを読む
福山の「渦」句会へ行く前には、ポッポの湯のサウナで、体をリフレッシュして途中、丸亀製麺に寄って、ざるうどん(並)とサツマイモとちくわの天婦羅それに、いなり1個。合わせて600円也を食べていく。こ...「町中をバラで染めてる福山市」の続きを読む
小早川隆景展を家内と見に行った。三原城を建て、隠居後は三原城で死んだ隆景ではあるが、生前秀吉に重んじられ、四国の伊予や、佐賀の名護屋など日本を手広く支配したが、隆景の子の代になって断絶。そのせいか三原...「秀吉も一目置いた五大老」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K