Loading...Loading...

ネットで川柳を読んでいたら、標題の句が目に留まった。大東亜戦争の配色濃い中、寺の鐘はもちろんの事、硬貨まで姿を消していた時代に五円札が流通していたのを覚えている。サイズは6cm×3cm位で騎乗の楠正成が、嘶く馬上で右手に刀を振り上げ、左手に手綱を持ち、頭には立派な兜に顎紐をしっかりと占めいる姿が忘れられない。物資がなくなるにつけ、精神だけで戦争に突っ込んでいった時代の話である。

句意にについては、私にはよくわからないが、五円札の存在を記録されただけでも、この句の存在価値はある。

今日は終日雨の為、書斎の籠り、充電に勤めた為か、万歩計は389歩。5.000歩10.000歩がいかにすごいかがわかる。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

今回で川柳奉行の「川柳ひろば」が271業を迎えた。16年目に入った。ささやかな、看板ではあるが、これでも読んでくれる人がいるから、辞めるわけには行けない。この看板よりほかに、銀行の窓口と図書館にも...「マンホール排泄物も気位も」の続きを読む
福山の渦句会へ行く前には決まって、サウナ風呂に入っていく。もうかれこれ20年は続いている。以前から50万都市に似合わずあまり、多く参加者はなかった。かといって別の柳社があったとも聞かない。福山の重鎮小...「サウナ~福山渦句会~プール」の続きを読む
      高温続きで、濠の鯉も酸欠なのかアップアップしている。カープも中日に連敗。すんなりとはいかない。しかしカープが勝つときは、神がかり的な見せ場を作るので、カープ...「鯉のぼり待たずアプアプするカープ」の続きを読む
今朝も町内放送で、67歳の訃報を知らせていた。神様は不公平なのか、歳の順とはいかないようである。「無常のの風が来たならばババは留守じゃと言うてくれ」と言っていた、婆さんが、納戸の隅でで冷たくなっていた...「アポなしで閻魔土足でやってくる」の続きを読む
家内が50年ほど前、社内旅行で大根島から買ってきた、ボタンが今年やっと1輪咲いてくれた。あの頃は家内も若かったし、バリバリのキャリアウーマンであった。それだけに今の物忘れが信じられないし、ふっと悲し...「島根~大根島~牡丹」の続きを読む
私は朝から尾道の川柳句会へ行ったので、家内を一人でGGに送り出す。昼から家内は絵手紙教室だったので一人で行って、絵手紙を書いて帰ったのと、わたしが句会から帰ったのがほぼ同じであった。どちらも近いせいも...「春の風春だ春だとかしましい」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K