Loading...Loading...

今日は朝から脳トレへ家内と一緒に行く。今日は特別の先生が来られたせいか、昼の軽食が豪華であった。赤飯にいなり寿司がついて、卵焼き・たくあん・マカロニサラダがついていた。

午後は歯科・整形と病院を梯子。家内は病院に行くのを嫌がるが、私はちょっとしたことでも、行く方である。特に膝痛の電気治療などは、自分で見極めをつけないと、医者がもういいでしょうとは、絶対言わないようである。

家では、野菊の誌上大会の句づくりに精を出す。あとはスクラップ整理と読書に精を出す。万歩計は7.631



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川柳誌「蛸壺」706号が届いた。706号といえば、もう2か月で59年になる。私も2回ほど参加させてもらったが、句会というのに今回でも76名参加。ちょっとした大会である。そのためと言ったら言い訳になるが...「世の中にひとりやふたりいる味方」の続きを読む
山陽本線でも、国道を挟んですぐに海があるところはそんなにたくさんはない。昨日のようなことがあったので、今日は福山の渦句会に、電車で行ったので、車窓からパチリ。今日もてるじさんは、欠席であった。見舞い...「久しぶり電車で行った渦句会」の続きを読む
安政柑は、美味ではあるが、4工程くらい手間をかけないと口に入らない。これに似たのに、晩白柑(ばんぺいかん)というのもあるが、なかなか手に入らない。 22日には、ダンススクールに行っている孫が、卒業...「安政柑重機の力ほしくなる」の続きを読む
朝飯を食べて、新聞を読んでいたら、急に目まいがして、少し、むかついたので、立ち上がろうとしたが、足が立たず、一歩足を出したところで、テーブルを捕まえ、やっと体を支えた。すぐにめまいが納まったので、かか...「途中下車をしたあの世行きの列車」の続きを読む
節分の豆が並んでいた棚には、早々とひなあられが、並び出した。三原の歴史館には、上の写真は昭和20年ころの5段飾り、下の写真は、江戸後期のものらしい。いずれも、個人蔵で由緒のあるものらしい。ひな祭りが...「節分が済んだら店はおひなさま」の続きを読む
今日、明良さんから、川柳作家ベストコレクションを送っていただいた。冒頭の句は、表紙に書いてある、彼の代表句である。八十歳を超えてなおお、矍鑠と、こんな句ができるのであるから、私自身のことを「未熟だなあ...「少年の一直線が美しい  福力 明良」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K