Loading...Loading...

ここの所、来年のオリンピックに向けて、各種目の代表が次々に決まっている。願わくばコロナが収まりますように。今年の初詣の御願いは、この一言に尽きる。収まらないと、オリンピックはおろか、国民の生活が回らない。

何処も休みになるので、膝の電気をあてに行ってきた。帰りに、簡単なお節を買い込んで、後は、雑煮の出汁取りをするだけ。ささやかに二人で食べる雑煮でも、気苦労があるもので、なんとなく気ぜわしい。特に餅は喉に詰まらせてはいけないので、小ぶりな餅を半分に切っておく。これでは、丸もちも角餅もないが、正月早々救急車では縁起が悪いので仕方がない。

むかし、中曽根康弘大勲位は「政治家は歴史の法廷の被告である」と言ったそうだが、安部前総理の言い訳会見を聴いていたら、そんな気骨は微塵にも見えない。特に今年後半は、政治家にとっての破廉恥罪が横行して、コロナと合わせて、暗い年の瀬になった。

今日の、万歩計はちょっぴりましな、5.619歩であった。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K